【美人整体師・久嬢由起子】猛暑の影響で胃の調子が悪い人へ お尻をわしづかみして4秒胸を反らせて4秒前かがみ

2020年10月18日 10時00分

ストレッチ

【不調改善ストレッチ】猛暑の影響がこんなところにも…。先週から始まった久嬢由起子の新連載では、足ツボに連動する不調を確認しつつ、オススメのストレッチをご紹介。土踏まずを押して痛みを感じるときは胃が疲れている…なんて話を聞いたことがありませんか?

 最近、「胃の調子が悪くて…」という人をよくお見かけします。実はそれ、猛暑の影響かもしれません。

 今年の夏はすっごく暑かったので、冷たいものをたくさん飲んだのではないでしょうか。「熱中症予防にこまめな水分補給を」というフレーズもよく聞きましたから、ある意味仕方のない面もあるのですが、例年以上に胃を冷やしてしまった可能性があり、その疲れが秋にドッと出ているかもしれないんです。

 そうじゃなくても、食欲の秋を迎えて食べ過ぎている人もいると思います。半信半疑の人は、前回から当コーナーで始めた足ツボチェックもしてみてください。イラストで記した土踏まずのあたりがゴリゴリと凝っていたり、押したときに痛かったりしませんか? 胃が疲れている証拠です。

 そんなときは胃の動きが鈍くなっています。動きを促したり、温めたりするストレッチが有効なので、まずはあぐらをかき、両手でお尻をギュッとワシづかみしてみましょう。で、そのまま4秒胸を反らせたら、今度は4秒かけてゆっくり前かがみに。そのとき、つかんだ手でお尻を前に押し出すようにします。おなかの筋肉を伸ばして縮める運動で、胃のあたりを動かしてあげるんです。

「そんなので動くの?」と思う人もいるかもしれませんが、胃のあたりに意識を向けて行うと、動かせているのをハッキリと感じられるはず。筋肉が動くことでそのあたりが温まり、冷えた胃も温めてくれますよ。

 ちなみに、このストレッチは肩や背中の凝りもほぐしてくれます。胃の調子が悪いときは、背中が凝ることも多いので、一石二鳥かと。反らすときに大きく息を吸って、前かがみになるときにゆっくり息を吐きだすのもお忘れなく。リラックスにもつながりますよ。

 ◆久嬢由起子(くじょう・ゆきこ)1982年生まれ。整体師、肛筋トレーナー(日本大腸肛門病学会専門医公認)、ボディメイクトレーナー。ミス・ユニバース・ジャパンファイナリストの講師も務める。最新著書は「見るだけでやせる コア締めダイエット」。ネット番組「大川興業のインデペンデンス・デイ」に出演中。

関連タグ: