大門未知子のようなフリーの天才外科医は実在する?

2014年01月15日 08時00分

【イケメンドクター・吉田眞の医学情報のウソ!ホント?】

(米倉涼子主演ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」のようなフリーランスの天才外科医は)実在するだけでなく、これからはもっと増えるかもしれません。2004年に大学を卒業した新米医師の研修制度が変わり、研修医は母校の医局に所属する必要がなくなりました。希望の病院を最低2年、長ければ5年程度、研修で回れるようになったのです。

「スーパーローテーション」と呼ばれるこの制度では、エキスパート(上級技術者)用の医療技術をスピーディーかつ確実に学べるようになり、さらに幅広い人脈、つまり“コネ作り”を容易にしました。その結果、優秀な研修医は“期待のルーキー”と噂され、各方面から仕事に誘われるようになったのです。インターネットによる医師の人材派遣制度の充実で、フリーランスで働く優秀な医師はかなり増えているのが実情です。

 ただ、大学の医局に所属しないと海外留学の機会がなくなるので、完全なフリーランスではドクターXのような“海外で数々の難手術に成功した実績=ハク”を付けるのは難しくなります。近い将来、外国資本の医療機関が参入してくればフリーランスの医師にも“スカウト留学”が実現するかもしれませんね。

☆よしだ・しん=総合診療科医を経て、現在は精神科医。非常勤医師として、刑務所、少年院、ホームレス支援施設、高齢者の在宅診察などに従事し、精神医療のディープな部分につかる。2009年にはラジオパーソナリティーを務めた。