夏の定番が進化! 伊藤園が「HOT健康ミネラルむぎ茶」を新発売

2020年08月25日 11時19分

HOT健康ミネラルむぎ茶の説明を行った相澤ブランドマネジャー

 伊藤園の新製品「HOT健康ミネラルむぎ茶」の商品発表説明会が24日、リモートで行われた。

 夏の代名詞としてすっかり定着している「むぎ茶」だが、マーケティング本部で麦茶・紅茶などを担当する相澤治ブランドマネジャーは「実は温かいむぎ茶を飲みたいというご愛飲者からの要望は以前から強かった」という。

 むぎ茶ファンからのあつい要望を受けて、満を持して展開する同商品の特徴は「しっかり煮だして大麦の甘さ」。六条大麦と二条大麦のブレンド、媒体焙煎と熱風焙煎による2種類の焙煎方法はそのままだが「細かく調整を加えた〝新・ふっくら焙煎〟により、ホットはコールドの香ばしさよりも甘さを前面に出した味わいになっています」(相澤ブランドマネジャー)。

 説明会では商品開発担当者が、むぎ茶の甘さのもとになっている「でんぷん」が従来品より多く含まれていることをヨウ素液を使って実験した。

「HOT健康ミネラルむぎ茶」を浸した人のシートはヨウ素液に反応して紫色に変色。

「大麦のでんぷんがそれだけ多く溶け出している」ことが証明された。

「HOT健康ミネラルむぎ茶」は9月7日に500ミリリットルと275ミリリットルの2種類が発売予定。275ミリリットルは電子レンジでの加温にも対応しており、より簡単にホットなむぎ茶を味わえることになった。