【美人整体師・久嬢由起子】後ろ受け身、両手で床をピシーン

2020年06月12日 10時00分

お尻をついて(上)、後ろに倒れます

【美人整体師・久嬢由起子の外出自粛の今こそお家で簡単ストレッチ:スポーツ競技編】美人整体師・久嬢由起子は常に前向き。苦しいときこそ、皆さんが少しでも楽しめるストレッチやトレーニングを考案したい…。そんな思いで突き進みます。

 まだまだ外出を控えている方もいらっしゃるでしょうし、梅雨時なので外に出られない日もあると思います。そんなときは自宅で体を動かしましょう。私も含め(苦笑)、単調な運動だと続きませんので、スポーツの動きを取り入れたストレッチを紹介しています。今回は柔道です。

 動画などを見ながらいろいろ考えてみたところ、やっぱり背負い投げとか一本背負いってカッコイイです。でも、ストレッチとして取り入れるのはちょっと難しそう。他に何かないかな~と、見つけたのが「後ろ受け身」です。

 しゃがんだ体勢から体を後ろに倒します。背中をつけて、揃えた両脚を真上に上げつつ、両手で床をピシーン!のアレです。

 お尻から腰にかけてのストレッチになり、デスクワークで重だるくなったそのあたりの疲れを解消してくれます。脚を上げるときに腹筋も使いますし、床に手をつけるときには腕のストレッチにもなるはず。可能なら、揃えた両脚を顔の方まで倒してみてください。さらにヒップが上がって、負荷がかかりますよ。

 難しそうに見えますが、似たようなストレッチもありますし、そもそも学校の授業で柔道を習うとき、最初に教えてもらうものなので、ほとんどの人が動きをイメージできると思います。回数は“やれる範囲”で構いません。

 寝る前に、布団の上でやるのもいいでしょうが、ピシーン!とやりすぎるとご家族やご近所に迷惑かもしれませんのでご注意を。勢いをつけすぎてどこかを痛めないようにもしてくださいね。

 ◆久嬢由起子(くじょう・ゆきこ)1982年生まれ。整体師、肛筋トレーナー(日本大腸肛門病学会専門医公認)、ボディメイクトレーナー。ミス・ユニバース・ジャパンファイナリストの講師も務める。新たなストレッチ法を次々に考案。最新著書は「見るだけでやせる コア締めダイエット」。人気上昇中で、テレビや雑誌に引っ張りだこ。