“エロナース”は実在する?

2013年09月19日 08時00分

【イケメンドクター・吉田眞の医学情報のウソ!ホント?】

 可能性はかなり高いでしょうね。病院に勤める女性看護師、つまりナースたちは患者さんの体に触れることが多いので「性に対して無警戒=エロい」と思われがち。でも、実際は“鈍感化”が進み、軽々しいスキンシップでは発情しません。むしろナースは、患者さんの「評価」を行うことでエロさを発揮するものと考えます。

 患者さんの問題点や改善策を分析・記録する病棟のナースたちは、一般の男性に対しても善しあしの評価を厳密に行っているはずです。また、患者さんに積極的に声掛けする習慣がありますから、結果的に「高評価の男性に自分から近寄る」という、肉食系女子の下地を作り上げるのです。

 その気になったら積極的、エロエロに変貌する可能性が高いですが、その段階まで導くには、男性側で高評価を得るための努力を続けなければなりません。そんなアナタを口説いてくる人がいるなら、間違いなく“エロナース”なのです。

☆よしだ・しん=総合診療科医を経て、現在は精神科医。非常勤医師として、刑務所、少年院、ホームレス支援施設、高齢者の在宅診察などに従事し、精神医療のディープな部分につかる。2009年にはラジオパーソナリティーを務めた。ロックバンド「医療講義」のボーカルと作詞・作曲を担当。