新型コロナウイルス 美容整形で渡韓する日本人女性の不安増大

2020年01月29日 16時30分

日本では新型肺炎発生地の中国・武漢からチャーター機が羽田に到着(29日朝=ロイター)

 韓国で整形予定の日本人女性の間で、新型コロナウイルスへの不安が広がっている。

 韓国では4人の感染者が出ている(28日現在)。同国の保健福祉省が、4人目となった55歳の韓国人男性の足取りや接触者を調べていくと、男性は日本人女性にも人気のあるソウル市江南区の美容整形外科を訪問していたことが判明した。

 男性は中国の湖北省武漢を訪問後、今月20日に帰国。韓国に入国当時は症状がなかったため空港の検疫は通過できた。26日に筋肉痛などが悪化したということで、保健所が指定する診療所で検査を受けた結果、感染が確認され、国が指定する病院に隔離された。

 現地報道によれば、この男性は韓国に帰国後、22日と24日に前出の美容整形外科のクリニックを訪れ、同区内のホテルに宿泊した。

 クリニックは、東京でカウンセリング会を行ったり、公式ホームページには日本語表記もあって日本人女性に人気。訪韓して整形した日本人女性が、腫れや痛みなどが数週間ほど続くダウンタイムを過ごすため、この男性が利用したホテルに滞在することもある。

 クリニックは公式ツイッターで「当院は1月26日、疾病管理本部進行のもとで、新型コロナウイルスを死滅させる防疫および消毒を完了致しました。当院の医療陣および訪問患者の中では、新型コロナウイルスの感染者がいないことをお知らせ致します」とコメントしている。

 このクリニックを受診したことがある日本人女性は「相場より安く整形を受けられるから、大人気のクリニック。日本語対応しているので、韓国に行って整形をするハードルは低く感じられる。クリニックは消毒済みと発表しているが、不安は残る。ホテルとクリニックの予約の関係で、今月このクリニックで整形をする予定のある友人もいます。『行きたくない』と言っていました」と話している。