美人整体師・久嬢由起子「つぼペンストレッチ」(14)

2020年01月17日 10時00分

指を絡ませて、ゆっくり体をひねりましょう

【美人整体師・久嬢由起子「つぼペンストレッチ」(14)】美人整体師・久嬢由起子が今年もオリジナルストレッチを紹介していきます。ツボ押しとともにやれば効果もアップ。健康のためにぜひ!

 読者の皆様、今年もよろしくお願いします。

 お正月はどう過ごされましたか? 年末の当コーナーでは、食べ過ぎたり飲み過ぎたりして疲れてしまった胃腸を整えるツボとストレッチをオススメしました。お役に立ったならいいですが、やっぱりお正月ですから、おいしいものもたくさん出てくるし、運動で頑張りたくもないですよね(苦笑)。ついつい食べ過ぎたり、ゆっくりし過ぎたりして、おなかにお肉がついてしまった人も多いのではないか、と。今日はそんな人にやっていただきたい運動です。

 利用するのは、小指の第1関節にある「腎穴(じんけつ)」というツボ。泌尿器の機能を高め、老廃物をしっかり排出。また、ホルモンバランスを整えたり、体内の水分調整を助けてくれるので、飲み過ぎなどによるむくみの解消にもつながります。この時期にぴったりですよね。

 まず、両小指を絡めます。写真のように、下になった方の小指を立てて、上になった小指を絡める形です。で、上になった腕を、その腕とは逆側に回していきます。真横までいって4秒キープ。さらにいけそうならもう少し背中側に回していき、4秒キープしてください。逆も同様に行います。

 この“ひねる動き”が、おなか回りのお肉を燃焼させるので、正月太りやメタボの解消になります。ツボに刺激も加わるので効果もさらにアップするはずです。

 注意点としては、勢いをつけないこと。とにかくゆっくりやりましょう。特に体が冷えているときに無理をすると脇腹などを痛める危険性がありますので、気を付けてくださいね。

【ツボの位置】小指の第1関節の真ん中です

 ◆久嬢由起子(くじょう・ゆきこ)1982年生まれ。整体師、肛筋トレーナー(日本大腸肛門病学会専門医公認)、ボディメイクトレーナー。ミス・ユニバース・ジャパンファイナリストの講師も務める。新たなストレッチ法を次々に考案。最新著書は「見るだけでやせる コア締めダイエット」。人気上昇中で、テレビや雑誌に引っ張りだこ。