【タメシテ男活!】国際性機能学会がチン事実発表 女子大生の89%がズルムケ大~好き

2019年11月26日 10時00分

 包茎について取材を進めている当コーナー。中高年でも包茎手術を行う人が増えている…という話が出ました。衛生面でのメリットを求める人のほか、「病院や介護施設で見られるのが恥ずかしい」という理由もあるそうですが、「死ぬまで男でいたい」という人にも手術が功を奏する可能性があります。今回も「東京上野クリニック」本院院長の吉江秀和先生に包茎手術について質問をぶつけました。

 すると「先日、とても興味深い発表があったのです」と教えてくれたのが、今年7月に国際性機能学会が発行するザ・ジャーナル・オブ・セクシャル・メディシンに掲載された「男性の割礼とセックス~国や文化を超えた女性の性趣向~」という論文。この論文はひとつの論文だけではなく過去から現在に至るまでの複数の論文をまとめた「系統的レビュー」の形式を取っており信頼度が高いものです。

 そこでは「包茎手術されていないペニスよりも包茎手術後のズルムケのペニスの方を女性は好んだ」という結果が出ました。具体的な内容を見ると「包茎手術後のペニスと、そうではないのではどちらが好き?」というアンケート調査を女子大生に実施。結果、89%が未割礼のペニスよりも包茎手術されたズルムケのペニスの方を好んでいました。

 他にも米国の割礼(≒包茎手術)後男性と未割礼の男性両方との性経験を持つ女性を対象とした調査では、99%の女性が「包茎手術後のむけたペニスが好き」と回答。理由は、92%「清潔」、90%「セクシー」、85%「触って心地がいい」、55%「よい匂いがする」。こう聞くと、包茎手術をした方が良さそうですが、実際どちらがいいのでしょう?

「女性への好印象や衛生的で包皮炎や性感染症のリスクを下げるなど利点が多いものの世界的な視点でも賛否両論はあります。仮性包茎は病気ではないですし、赤ちゃんの時に皮を切る割礼儀式は児童虐待という反対側の声も…。私はもしも本人がお悩みならば、やったほうがいいという意見です」と、包茎手術で自信を取り戻した症例を多数見てきた吉江先生。

「美容クリニックはいいことばかり言い過ぎると、皆さんが疑心暗鬼になるのも分かりますが、包茎手術は何千年も前から続いている危険の少ないものです」と笑顔。それでもどうしても気になるのはアソコにメスをいれるにあたっての「痛み」ではないでしょうか。

「包茎手術後の痛み」について、泌尿器科領域で最も権威のある米国のThe Journal of Urologyに載った2013年の研究を吉江先生が紹介してくれました。包茎手術をした男性112人(平均年齢46・2歳)の術後の痛みを評価。痛みに強い、弱いというバラツキを考慮し平均値をとって評価した結果です。

 痛みのスケール10段階評価で、平均で術後1~3日は2・4。術後1週間で2・1、術後3週間で0・5。術後の痛みは軽度~中等度でした。もちろん手術中は麻酔をするので無痛であり、術後も想像よりはるかに痛みは少ないことも分かりました。

「仮性包茎の手術をするしないは個人の判断になりますが、医学的に問題があるのは真性包茎・カントン包茎。それでも子供はつくれますが、セックスしにくいし、痛いし、楽しめないでしょう。そういう人はマスターベーションでは自分で痛くないやり方を開発しているはず。でも、それは膣の中の動きとは違うはず。まずは受診をオススメしたいです」。私の大好きな霜降り明星の粗品さん(本人いわくカントン包茎だそうです)にもこのメッセージが届くことを願って、続きは次回。

 (医療ライター・熊本美加)