健康にも美容にもオリーブオイル

2012年06月11日 12時00分

【全国ヘルシーMAP】岡山県:和食に合うオリーブオイル

 岡山は香川・小豆島と並ぶ国内の2大オリーブ産地で、本州では最大の栽培地。岡山の特産品であるオリーブオイルは健康にも美容にもいい。

 オリーブオイルはイタリア料理やスペイン料理というイメージがあり、中高年の中には使い方が分からない人もいるかもしれない。だが、岡山に本社がある日本オリーブの調査では、食用オリーブオイルを使用している家庭は全体の9割。他の食用油よりヘルシーと感じている人も9割おり、3割は食用油の中で一番使用量が増えたと答えている。

 他の油に比べてヘルシーで、健康によいイメージがあるオリーブオイルだが、実際どんな効果を期待できるのか? 管理栄養士の本多京子氏によれば「オリーブオイルに含まれるオレイン酸とビタミンEは血管の若さを保つ栄養素。善玉コレステロールと呼ばれるHDLは減らさず悪玉コレステロールのLDLを減らす働きがあり、胃酸分泌をコントロールしたり、腸の働きを助けたりします」。

 メタボ中高年男性には必要不可欠な栄養素に思えるが、和食中心の食生活にオリーブオイルを取り入れるのは難しそう。

「エキストラバージンオリーブオイルは、ワインのように収穫の年やタイミング、産地、農園、搾り方、オリーブの品種により全く風味が異なります。例えば日本オリーブの『エキストラバージンオリーブオイル トルトサ』は、甘い独特の風味でしょうゆと合い、和食に最適です」(本多氏)

 トルトサ大さじ2、白だし同2、しょうゆ同1という黄金比率の和風万能ダレをサラダにかけて食せば、食物繊維とビタミン、オレイン酸が十分に取れ、さらに鶏の空揚げや卵料理をトッピングすれば、たんぱく質も摂取できてバランスがいい。

 食用だけでなく、化粧用のオリーブコスメもある。1973年に世界で初めてオリーブ果汁配合化粧水を発売した日本オリーブは、100%純粋な完全無添加のオリーブオイル「オリーブマノン 化粧用オリーブオイル」「同 グリーンローション(果汁水)」などを発売している。

 オリーブ果汁が持っている天然の保湿成分が含まれているので、肌の乾燥を防いで保護したり、肌にハリやツヤを与えるなど、スキンケア効果がある。顔だけでなく体や頭皮、爪など、全身に使用できるため、女性だけでなく、男性の愛用者も多いとか。

 食用・化粧用ともに、用途に応じてさまざまな使い方ができるオリーブオイルは家族全員で使用可能なので、一家に一本常備しておきたい。