美人整体師・久嬢由起子「気分上々ストレッチ」(18)

2019年09月13日 10時00分

フラミンゴになりきると気分もアガりますよ

【美人整体師・久嬢由起子「気分上々ストレッチ」(18)】様々な動きを取り入れ、オリジナルストレッチを考案している美人整体師・久嬢由起子。今回はお得意の“動物シリーズ”です。

 人間は年を取るにつれて脚が細くなっていきます。筋肉が落ちてしまうわけですが、細くても衰えや筋力の弱さを全く感じさせない動物がいます。フラミンゴです。

 ハッキリ言って、すごすぎます。あんなに細いのに片脚で立ってますからね。しかも、フラフラしていない。おそるべき体幹です。これはマネしないと損!

 というわけで、フラミンゴになってみましょう。片脚をしっかり上げて、逆側の腕を上げます(手首は前側に倒す)。一方、脚を上げている方の腕は後ろに伸ばし、手首を体側に反らせてください。左右の脚を交互に上げるのを4セット程度。

 下半身を鍛えつつ、脚を上げることで股関節の柔軟性をアップさせてくれます。そして、もちろんバランス感覚を養い、体幹を鍛えることも可能。腕を上げて体全体を引き上げる際には腹筋も使いますから、いろいろな部分に同時に負荷をかけられるわけです。

 やってみると想像以上に大変かもしれませんが、左右1回ずつからでも構いません。以前、「おそ松くん」のイヤミさんのポーズをやりましたが、あれよりも安定感はありますし、どうしてもフラフラしてしまう人は前に出した腕を壁についてもいいかも。

 今回は、腕を前に上げることが大きなポイントのひとつ。こうすると前かがみにならないんです。さあ、レッツ、フラミンゴ!

【やり方】
 ①左足を上げる。同時に右腕を前に上げ、左腕は後ろに伸ばす。それをゆっくり4秒かけて行う
 ②今度は逆パターンも同様に4秒かけて。それを4セット
【注意点】
 転倒に注意。最初は壁の近くでやりましょう。股関節が硬くて太ももが腰まで上がらない場合は、できるところまででOK

 ◆久嬢由起子(くじょう・ゆきこ)1982年生まれ。整体師、肛筋トレーナー(日本大腸肛門病学会専門医公認)、ボディメイクトレーナー。ミス・ユニバース・ジャパンファイナリストの講師も務める。新たなストレッチ法を次々に考案。最新著書「魔法のしりペン体操」が発売中。人気上昇中で、テレビや雑誌に引っ張りだこ。