熱中症対策にはミネラル入りむぎ茶がおすすめ!

2019年07月19日 14時00分

熱中症対策にはゴクゴク飲めるミネラル入りむぎ茶が効果的

 まもなく梅雨明けが予想される。昨夏は日本各地で記録的な猛暑が続き、熱中症で救急搬送される人が続出した。今夏も猛暑が予想されるだけに、熱中症対策に有効と言われるミネラル入りむぎ茶が注目を集めそう。そこでミネラル入りむぎ茶を大特集!

“日本一熱い街”埼玉県熊谷市で「暑さ対策公式飲料」として採用されている事例や、大学駅伝の強豪・東洋大学では「コンディショニング飲料」として取り入れられている実情を紹介しながら、ミネラル入りむぎ茶のすごさに迫った。

◆血液ドロドロ状態を改善

「熱中症」は、高温の環境下で体内の調整機能が破綻することによって発症する障害の総称。通常、体内の熱は皮膚の血流を増やしたり汗をかくことで体外に放出されるが、気温や湿度が高いと多量の汗をかいても、体内の熱を外に逃がすことができず、体内の水分、ミネラルバランスが崩れ、熱中症になってしまうのだ。

 熱中症対策に効果的だとして注目を集めたのがミネラル入りむぎ茶。事実、日本最高気温41・1度を記録した埼玉県熊谷市や、40度以上を記録した岐阜県多治見市では暑さ対策公式飲料として採用されている。

 ノザキクリニックの野崎豊院長も、熱中症対策としてミネラル入りむぎ茶を薦める。「水分やミネラルが不足し血液がドロドロ状態になると、血液の流れが悪化し熱を放出できないため、熱が体内にこもり『熱中症』にかかってしまいます。そこで、ミネラル入りむぎ茶の血流改善効果が熱中症対策に効果的なんです」と話す。

 一般的なむぎ茶とミネラル入りむぎ茶を飲んだ後に、一定量の血液が流れる時間を測定したところ、ミネラル入りむぎ茶の血液流動性が高かったという結果が報告されているという。

 さらに「ミネラル入りむぎ茶は体の余分な熱を奪い、体の内部体温を低下させる体温下降効果もあります」と同院長。

 健常な男性の「ミネラル入りむぎ茶」飲用前と飲用30分後の体温変化をサーモトレーサー(赤外線熱画像カメラ)で測定したところ、被験者の腹部、胸部の体温が1・7度下がるという結果が出た。体温は緩やかに下降するため、妊婦や子供、冷え性の人も安心して飲めるとのことだ。

 野崎院長は「ミネラル入りむぎ茶はカフェインも含みませんので、お子さまから高齢者の方まで、誰もが健康的に毎日飲める飲料と言えます」と健康効果に付け加え、飲みやすさもポイントに挙げた。

◆健康的な飲料の飲み分け方法は?

 スポーツドリンクは、大量に汗をかいた時に効果的だ。しかし、エネルギー消費量がさほど高くないケースでは、後を引く甘さのためつい飲みすぎてしまい糖分が多いことから(一過性の)糖尿病になるリスクがあるという。

 経口補水液は、脱水症状に陥ってしまった後、特に医師から脱水状態の食事療法として指示された場合に限り飲んでいい飲料である。自己判断で予防的に飲むと塩分の過剰摂取になることがあるので注意が必要だ。そういうことから無糖であるミネラル入りむぎ茶は毎日飲むことができる熱中症対策飲料なのだ。

◆点滴飲みで水分補給を

 水分、ミネラルの効果的な補給方法がある。それが“点滴飲み”。熱中症は発生した当日の水分とミネラル不足から起こるのではなく、数日前からの不足が原因で発生する。また、水分とミネラル補給は、一気に行っても血液内に吸収された時にしか効果がないので、少しずつ継続的に飲むのがいいのだ。

 どんなシーンで飲んだらよいのか? 具体的には起床時や就寝前、食事の時間帯や入浴前後などだという。日中は1時間にコップ1杯程度。運動中・前後は30分にコップ1杯程度がお勧めらしい。今夏も、正しく健康的な水分補給で熱中症に備えよう。

◆東洋大学駅伝チームが“熱中症対策飲料”として飲用

 大学駅伝の強豪、東洋大学陸上競技部の駅伝チームは日常生活で体調を整える無糖のコンディショニング飲料としてはもちろん、熱中症対策飲料としてミネラル入りむぎ茶を飲用している。

 その理由を東洋大学駅伝チームを率いる酒井俊幸監督は「昨年、あの酷暑の中で熱中症になる選手はほとんどいなかったです。ミネラル入りむぎ茶を飲むことで、血液がサラサラになったり、体温が下がったりという効果があったと思います。しかも、無糖で、カロリーゼロ、カフェインゼロということで、選手は安心して水分補給できたと思います。のどが渇いてから飲むのでは遅いので、小まめに水分補給することを指導していました」と語った。

 また、先日のユニバーシアード夏季大会・男子陸上ハーフマラソンで金メダルを獲得した同チームの主将・相澤晃選手は「糖分が多過ぎる飲料は体重増加につながりますし、健康的にも飲み過ぎは良くないと思っています。無糖のミネラル入りむぎ茶なら、安心してゴクゴク飲めます。のどが渇く前からの水分補給が大事なので、日常からゴクゴク飲めるむぎ茶は熱中症対策飲料として良いと思います」とミネラル入りむぎ茶のプラス面についてコメントした。