美人整体師・久嬢由起子「あったかストレッチ」(1)

2018年12月14日 10時00分

あぐらをかいて体を3方向に倒すだけ!

【美人整体師・久嬢由起子「あったかストレッチ」(1)】冬の特別企画! 高齢者でもできるエクササイズを紹介している美人整体師・久嬢由起子が、今週から3か月限定で、体をポカポカにするストレッチを集中的にお教えします。

 寒さが募る12月から2月までの3か月間は、体を温めるストレッチを紹介していこうと思います。「温める」といっても、「ハアハア」「ゼエゼエ」するキツい運動ではないので、ぜひ皆さん(高齢の方も)、気軽にチャレンジしてみてください。

 まずは、特に簡単なものからいってみましょう。写真をご覧の通り、あぐらをかいて、手を前に出しながら体を倒します。右に倒して4秒、真ん中に倒して4秒、左でも4秒です。

 本当にこれで体が温まるのか、「信じられない」という人もいるかもしれませんね。でも、やってみると分かりますが、例えば右に倒すと、お尻の左部分から太ももの裏にかけてがすごく伸びます。伸びるということは血行が良くなり、冷えの改善につながるんです。

「体を温める」という観点で、お尻周辺は非常に大事です。外気温はもちろん、冬はイスが冷たかったりして、お尻が冷たくなりがち。お肉の脂身って温めればすぐに溶けますが、逆にすぐに固まってしまいますよね。同じように、人間の体の脂肪や筋肉も冷えると固まってしまうんです。

 そうなると、血流が悪くなってお尻全体が冷える。上半身と下半身の境目(つなぎ目)にあるお尻周辺の血流が悪くなると、全身が冷え切ってしまいます。当然、そこを伸ばすことで温めれば体の隅々にまで血が行き渡るわけです。

 真珠を育てるような貝になって、パタンパタンと開け閉めしているイメージでやってみてください。じんわり、ポカポカしてくるはず。腰も伸ばせるので、背中のあたりの疲れも取ることができますよ。

【やり方】
 ①あぐらをかいて、手を前に出しながら体(頭)を倒す
 ②右、正面、左、3方向に倒してそれぞれ4秒キープ
 ③3セット繰り返す
【注意点】
 あぐらをかけない人は、無理せず脚を完全に組まなくてもOK。呼吸を止めずに行いましょう

 ◆久嬢由起子(くじょう・ゆきこ)1982年生まれ。整体師、肛筋トレーナー(日本大腸肛門病学会専門医公認)、ボディメイクトレーナー。ミス・ユニバース・ジャパンファイナリストの講師も務める。新たなストレッチ法を次々に考案。肛門の筋肉に注目した「やせたいなら肛筋を鍛えなさい」の書籍とDVDが発売中。人気上昇中で、テレビや雑誌に引っ張りだこ。