美人整体師・久嬢由起子「ちょい足しストレッチ」(12)

2018年06月29日 10時00分

【美人整体師・久嬢由起子「ちょい足しストレッチ」(12)】「お風呂での“リラックス度”をアップさせちゃいましょう」と美人整体師・久嬢由起子。精神的にも肉体的にも、しっかり自らを癒やせば、明日も元気に頑張れるはず!

 一日の疲れを癒やすお風呂で、さらに体をメンテナンスしちゃいましょう。

 湯船につかった状態か、風呂イスに座って行います。写真のように後頭部に引っ掛けるようにしたタオルを引っ張りながら、頭を押し倒します。ぐ~っとやると背中や肩の凝りがほぐれるはずです。

 さらに、背骨を通る自律神経が整い、リラックスにもつながります。以前にもお話ししたように、人間はストレスがかかると背中側が凝りやすいので、一日の終わりにしっかりほぐしておきましょう。

 お風呂でやるのは、お湯につかることや、“リラックスの場”であることで副交感神経が高まっているのでストレッチの効果がアップするのと、近くにタオルがあるから。実は頭をぐ~っと倒すのって意外と難しい。手が後頭部に回らない人や、うまく前に押し倒せない人もいるんです。

 でも、タオルを使えば誰でもできますし、テコの原理じゃないですが、それほど力を入れなくても簡単に頭を倒せます。しかも、お湯を使ってホットタオルにすれば、首や頭を温めることもできます。気持ちいいので、ぜひお試しください。ただ、熱気ムンムンの浴室で頭を下げ続けると危険なので8秒くらいが目安。水分補給もお忘れなく。

 ちなみに、そろそろ暑い時期になってきましたが、シャワーではなく、なるべくお湯につかりましょう。体を温めることは非常に大切ですし、これからの季節は冷房によって体が冷え切っていることも多いです。汗を出すことで老廃物も排出できます。また、中高年男性を悩ませる加齢臭対策にもなりますよ。

【やり方】
 ①タオルを後頭部に引っ掛けるようにして、両手でゆっくり引きながら頭を前に倒す。
 ②8秒でいったんやめる。できる範囲で何度か行う。
【注意点】長時間、頭を倒し続けないこと。水分補給も忘れずに。自分の体調と相談し、気分が悪くなりそうなら、やめましょう。

 ◆久嬢由起子(くじょう・ゆきこ)1982年生まれ。整体師、肛筋トレーナー(日本大腸肛門病学会専門医公認)、ボディメイクトレーナー。ミス・ユニバース・ジャパンファイナリストの講師も務める。新たなストレッチ法を次々に考案。肛門の筋肉に注目した「やせたいなら肛筋を鍛えなさい」の書籍とDVDが発売中。人気上昇中で、テレビや雑誌に引っ張りだこ。