E型肝炎ウイルスショック「ジビエ料理」安全な食べ方

2018年05月03日 08時00分

 ジビエブームに対応策が迫られている。今年1月、輸血用の血液製剤からE型肝炎ウイルス(HEV)に感染し、80代の女性が昨年死亡していたことが報じられ、血液製剤供給元の献血者がシカの生肉を食べたことで血液製剤が“汚染”されていたことが原因とみられる。ブームのジビエ(野生鳥獣)料理に警鐘を鳴らす事態は、害獣を食肉に変えようと奮闘する地域の人々にとっては死活問題。ジビエの安全な食べ方の普及が急務となっている。

 多発性骨髄腫の治療を受けていた80代女性が昨年7月、輸血用血液製剤でHEVに感染、3か月後に劇症肝炎で死亡したとの事例が今年1月末に日本赤十字社から発表された。HEV混入による死亡例は世界で初めてだという。抗がん剤治療による肝機能の低下も劇症肝炎発症の要因とみられる。

 この血液製剤の供給元の献血者からは、女性と同じ型のウイルスが検出された。献血者はE型肝炎を発症していないが、献血の2か月前にシカの生肉を食べたことで感染したとみられる。日赤によると、HEVの輸血による感染が特定されたのは23例(2002~16年)でどれもブタ、イノシシ、シカ等の内臓生肉を6か月以内に食べた献血者が主な経路と想定されている。

 HEVは主に経口感染だが、半数は原因不明。ジビエのほか、市販の貝類(ムール貝、カキ、ヤマトシジミ)や、意外なところではベリー類(ストロベリー、ラズベリー)からも検出報告がある。HEV検査は現在、北海道のみで実施され、国内で採血された献血血液に対する検査の早期導入も進むが、早くとも2年はかかる見込みだ。安全と思われた献血からの感染事例は衝撃的で、シカ肉が持つE型肝炎のリスクに驚いた人も多い。

 そもそも、シカは草食で“クリーン”な生き物と思われている。しかし「シカがイノシシの糞や死骸を食べた目撃情報もある。野生なので、どこでどんな生活をしているかはわからない」とは鹿児島県阿久根市のジビエ解体処理施設「いかくら(猪鹿倉)阿久根」の奥平和夫さんだ。

 同社では、捕獲されたイノシシやシカを解体処理し、持ち込んだ希望者には食肉(内臓は焼却)にして返している。ジビエで地域おこしをしようと試食会を開催するなど、施設は消費普及に努めている。背景には、特産のボンタンをはじめとする農作物を荒らす害獣の被害がある。

「害獣が根こそぎ掘るから、果樹は一度被害を受けただけで死んでしまう。農家は後継ぎがいないし、荒らされたら廃業だ」(奥平さん)

 ジビエの消費拡大は里山の自然を守ることと地続き。E型肝炎リスクの風評が広まることは地域の人々にとっては死活問題だ。

 奥平さんは「E型肝炎防止には生肉を食べないこと。冷凍もダメ」と強調する。冷凍すると寄生虫は死滅するが、ウイルス類は解凍と同時に活発に動きだす。とにかく加熱が必須だ。東京都福祉保健局ではジビエの「十分な加熱調理」を「中心部の温度が75度で1分間以上、またはこれと同等以上の効力を有する方法」と定義している。

 自然派志向もあってジビエ料理は全国的にも大人気だが、生の「シカ刺し」を提供する店も存在する。「安全な調理法を知らない店が少なくない」(奥平さん)

 ジビエそのものは自然育ち。「抗生物質も入ってないし、安全で高品位の食べ物。おいしく、安全に食べたほうがイノシシやシカも喜ぶと思う」(奥平さん)。それに尽きる。