中国「奇形動物館」突然閉鎖のワケ

2018年04月21日 17時00分

「奇形動物館」に展示されていた5本足のウシ

 中国・湖南省の長沙市内にある「長沙動物園」が突然、閉鎖された。この動物園には「奇形動物館」という名の建物があり、右腕が体と一体化したサルや、5本足のウシ、3本足のヤギ、6本足のブタ、双頭のネコ、ゾウの鼻を持つブタなど、数多くの奇形動物が展示されていた。人気があり、週末ともなれば大勢の人が足を運んでいた。

 展示されていた奇形動物のほとんどは、環境汚染が原因となっているものだ。中国は2000年代から目覚ましい経済成長を遂げた。農村が広がっていた上海は大都会となり、広州には各地から仕事を求める農民が集まり、都市部の人口は爆発的に増大。その裏では環境汚染で数多くの動物が犠牲になった。このような哀れな動物を集めたのが奇形動物館だった。

 閉鎖前に訪れた長沙市在住の40代男性客は「あのウシは尻から足が生えているおかげで市場送りを逃れたんだ。市場価格で売られるよりも、ここに来てのんびりと過ごした方がいい。エサはもらえるし、寝ていても文句は言われない。何もできないヤツだけどよかったよな」と話す。

 2000年代の中国では、奇形動物を展示することについて異論を挟む人はおらず、見せ物として人々を楽しませていた。だが、13年に習近平政権になると、路線が変わった。中国各地に点在した置屋(売春宿)は、相次ぐ手入れを受けてほぼ壊滅状態となった。街には監視カメラが設置され、IT技術を駆使して犯罪者を検挙できるようになった。長沙動物園が閉鎖されたのも、習政権の意向のようだ。

 長年、動物園近くで食堂を経営している男性は「動物園は突然、閉鎖されたよ。何の予告もなかった。業者がトラックで乗りつけて動物を運び出していった。どこに行ったかは誰にもわからないよ。奇形動物館が原因で閉鎖されたのは、政府がくさいものにはフタをしたいからさ。今はSNSの時代だから、あんなものを展示していたら世界にどんどん拡散されるでしょ。中国の恥となることを恐れたんだろうね」と話している。