日朝首脳会談「極秘打診」で“面目丸潰れ”安倍内閣のさらなる心配

2018年03月30日 17時00分

安倍首相(ロイター)

 安倍晋三首相の北朝鮮に対する最高レベルの“圧力外交”が、大ピンチを迎えている。29日付の朝日新聞は、「金正恩政権が朝鮮労働党幹部に6月初めにも日朝首脳会談の開催がありうるとの説明を始めた」と報じた。

 朝鮮労働党幹部を対象とした資料によると「日本政府が最近、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)を通じ、首脳会談の開催の意思を北朝鮮側に打診してきている」としている。日朝首脳会談は5月末までの実施を目指す米朝首脳会談の後に「平壌で開かれる可能性がありうる」とも。

 菅義偉官房長官は、29日の記者会見の中で「北朝鮮との間では、北京の大使館ルートなどさまざまな機会や手段を通じてやりとりを行ってきているが、詳細については控えたい」と話した。

 これまで安倍政権は、正恩氏に弱音を吐かせるまで妥協しない姿勢を示してきた。ところが、北朝鮮に首脳会談を打診していたことが暴露され、野党側からは「安倍首相の面目丸潰れだ」と皮肉が漏れた。

「安倍政権の対北朝鮮外交は敗北だ。裏交渉の中で、拉致被害者の全員帰国の準備はできているのか疑問が残る。中国、韓国、米国の後に首脳会談を実現させたところで、北朝鮮側は支持率が下落した安倍内閣の足元を見るだけで終わる」(野党議員)

 さらに日朝首脳会談が実現した場合、こんな心配も。

「昭恵夫人と正恩氏の妻・李雪主氏が対面する。昭恵夫人は第1次安倍政権で中国を訪問した時、中国メディアに『趣味は何か?』と聞かれ『私は韓流ドラマが大好き』と答えて大ひんしゅくを買った過去がある」(政府関係者)

 骨が折れる交渉となることが必至なだけに、逆に思わぬ展望が開けるかもしれないが…。