中朝首脳会談でファーストレディーも対面 習近平夫人と金正恩夫人の共通点

2018年03月29日 17時00分

握手する李雪主夫人と彭麗媛夫人(右=ロイター)

 28日に中国政府から発表された中朝首脳会談では、両国のファーストレディーも対面した。初訪中の金正恩朝鮮労働党委員長の夫人・李雪主(リ・ソルジュ)氏と、習近平中国国家主席の妻である彭麗媛(ポン・リーユアン)氏。2人には共通点もあった。

 電撃訪中した正恩氏は26日に習主席と北京で会談。これが初外遊となった正恩氏は、国連制裁も受けている核兵器開発をめぐり非核化に意欲を表明する一方、実現には米国と韓国の「段階的な措置」が必要との考えを示し、圧力路線を崩さない米国をけん制、譲歩を求めた。

 習氏は「朝鮮半島情勢に前向きな変化がある。北朝鮮は大きな努力を払っている」と称賛。「建設的な役割を発揮し続けたい」と述べ、中国が朝鮮半島の安定化に積極関与する姿勢を示した。

 中朝の国営メディアなどによると金氏一行は26日午前に北京駅に到着。人民大会堂で習氏開催の歓迎式典に出席し首脳会談に臨んだ。夜は同大会堂の「黄金ホール」で、習氏と彭麗媛夫人が主催する夕食会に、李雪主夫人らとともに出席し、バレエ「白鳥の湖」などを鑑賞した。

 今月5日、韓国特使団を受け入れた際、夕食会に出席した李雪主夫人。今回の訪中団には、平昌五輪など最近の外交舞台で目立った正恩氏の妹・金与正氏は加わらず、同夫人がファーストレディーとしてお披露目された形に。両首脳夫妻が揃った場では、彭麗媛夫人が正恩氏と握手を交わし、李雪主夫人が習氏と笑顔で握手。さらには両夫人が手を取り合う場面も見られた。

 両夫人に共通するのが音楽歴。2009年に正恩氏と結婚した李雪主夫人は、管弦楽団に在籍していたことが知られている。彭麗媛夫人はかつて中国の国民的歌手として活躍し、人民解放軍総政治部の歌舞団団長なども務めている。

 かつて「血の友誼」と称された中朝関係も、現首脳間は疎遠になっていた。“雪解け”に妻たちも貢献できるのか。