【ライダイハン問題】ベトナム訪問の文大統領に韓国内から二枚舌批判

2018年03月28日 07時15分

 やはり“二枚舌の国”――。ベトナムを公式訪問した韓国の文在寅大統領は先日、首都ハノイでチャン・ダイ・クアン国家主席と会談し「私たちの心に残っている両国間の不幸な歴史について遺憾の意を表する」と述べた。韓国軍による住民虐殺を含むベトナム戦争派兵を念頭に置いた発言だが、歯切れの悪さに韓国内では不満の声が出ている。また、専門家はダブルスタンダードを批判する。

 韓国は1964~73年、延べ約32万人をベトナムに派兵。ベトナム戦争に参戦した韓国軍による、女性や子供を含む非戦闘員の大量虐殺や強姦がいまだ現地に深い傷跡を残しているのは周知のこと。韓国軍による虐殺の被害者は9000人を超えるとの見方もある。

 その殺し方も、妊婦の腹を裂く、子供の手足を縛って生きたまま火の中に投げ込むという残虐なものだった。また、韓国兵の強姦によりベトナムに残された混血児“ライダイハン”はベトナムの社会問題になっている。

 韓国事情に詳しい文筆人の但馬オサム氏は「もともとライダイハンの問題は、左翼系新聞社の雑誌ハンギョレ21が取り上げて、韓国でも知られるようになりました。左翼系新聞、すなわち北朝鮮シンパということです。北朝鮮の息のかかった文大統領としては、むしろハンギョレは、思想的に近い関係にあります」と指摘する。

 しかし、その文大統領でさえ、ライダイハン問題を全面的に認め、ベトナムに公式謝罪はできない状況だ。

「そんなことをすれば、票田でもある枯葉剤戦友会(ベトナム帰還兵の戦友会)を敵に回すことになりますから」と但馬氏。

 そこで“遺憾の意”となったわけだが、韓国内では不満も出ている。

「慰安婦合意を事実上ほごにし、しつこく日本に謝罪と賠償を求めてくる韓国ですが、近年『ならば自分たちもベトナムに謝罪しなければ、二枚舌になってしまうのではないか!?』という声が韓国国内からも上がっています」(同)

 韓国内では「われわれはベトナムに対して心の借金を負っている」として、別の形でそれを返さなければいけないという意見もある。

「文政権としては、“心の借金”はODA(政府開発援助)や災害時の緊急支援、韓国企業のベトナム進出による雇用などで、すでに払われている、とまで言うのです。ちなみに、現在ベトナムへの投資が一番大きい国が韓国です。しかし、それを言うなら韓国に対する投資が最も多かった国は日本のはずです」と但馬氏。

 日韓基本条約締結後に払われた有償2億ドルは踏み倒されたまま。その他に民間借款や技術指導などを合わせれば、兆のつくお金を韓国に支出したことになる。

 但馬氏は「そこまで彼らに与えながら、いまだに謝罪を求めてくるのですから、彼らの主張はまさにダブルスタンダードに他なりません」と語っている。

 また但馬氏は「韓国の企業がベトナムに雇用を生み出していると、半ばドヤ顔の韓国ですが、最近、ベトナムに進出した企業が経営悪化を理由に夜逃げ同然で引き揚げる事例が多発しており、現地の労働者の怒りを買っています。むろん、賃金は踏み倒しです。しかも、韓国人の現場責任者はささいなことで労働者に暴力を振るうことで知られ、総スカンを食っているのが現状です」と言う。

 韓国企業の夜逃げによる失業者の増加が社会問題化し、グエン・スアン・フック首相が支援に乗り出している。労働組合団体が、踏み倒された賃金の1か月分を肩代わりするほか、地元の繊維工場10社が、韓国企業に捨てられた労働者を優先的に雇用することを約束しているという。