南北トップ会談の裏で仰天計画 米韓軍事演習「北参観」を検討の愚

2018年03月07日 17時00分

 韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩労働党委員長が4月末、南北軍事境界線上にある板門店の韓国側施設「平和の家」で首脳会談を行うことになった。正恩氏と5日に会談した韓国大統領府の鄭義溶国家安保室長が6日夜、発表した。

 会談では本紙昨報通り、北朝鮮が非核化の意思を示し、対話が続く間は核実験や弾道ミサイルの試射を行わないことを表明。韓国側の発表によれば、北朝鮮は「軍事的脅威が解消され、体制の安全が保証されれば、核を保有する理由がない」と述べ「非核化問題の協議と米朝関係の正常化のため、米国と虚心坦懐に対話する用意がある」と語ったという。

 南北首脳会談が実現すれば、2000年6月、07年10月に続いて3回目。正恩氏にとっては初めてとなるが、あくまでこれは開戦に踏み切ろうとするドナルド・トランプ米大統領を制止するための時間稼ぎにすぎない。

 急接近する南北間では驚がくのプランも検討されている。韓国の政府高官が語ったところによると、4月上旬に行われる米韓合同軍事演習に北朝鮮軍を参観させるという。韓国事情に詳しいライターの話。

「これまで米韓合同軍事演習のタイミングで、北朝鮮は挑発を行ってきたが、今回はそれを封印。代わりに、軍事演習の模様を北朝鮮軍の関係者が間近で参観するという計画が、韓国政府内で真面目に議論されている」

 軍事演習の仮想敵国はもちろん北朝鮮。その様子を授業参観のノリで、相手方に見せるとは正気の沙汰ではない。この高官の発言は韓国国内でも「頭がおかしい」と批判されている。

「米朝関係の改善を狙ったものだろうが、あまりにもとっぴな発想。北朝鮮軍は間近で見た米韓の軍事力に震撼するどころか、たんまりデータを収集して帰っていくだろう」(同)

 文氏はドヤ顔で南北融和の成果をアピールしてるが、あらぬ方向に進んでいるようだ。