「忍者議連」設立 日本文化として世界に発信

2018年02月22日 13時04分

「忍者 NINJA議員連盟設立総会」に出席した川上仁一氏

 甲賀流忍術の伴家忍之伝を受け継ぐ武術家で忍術研究家の川上仁一氏(66)が22日、東京・千代田区の衆議院議員会館で行われた「忍者 NINJA議員連盟設立総会」に忍者装束で出席した。

 22日は2020年東京五輪を見据え、日本を印象付ける「忍者」による地方創生と地域連携を目的に「忍者の日」に制定。会見では、伊賀忍者特殊軍団「阿修羅」による忍術実演も行われ、アクロバティックな忍術を披露した。

 忍者の歴史に詳しい川上氏は「忍者は南北朝時代から自然発生的にできた。江戸時代からも言い伝えられてきた。歴史的な背景を知り、日本文化として忍者や忍術を世界中に発信していきたい」と説明。海外で忍者への注目が集まっていることに「時代ともに忍者のイメージが変わっていくのはいいこと。でも、本質や忍びの原点は変わっていません」と断言した。

 海外で爆発的な人気を誇る日本の忍者だが、人材不足で一時は2人しか存在しない事態に陥ったという。

 この日同席した日本忍者協議会理事の溝畑宏氏は「議員連盟が立ち上がる以前は、各自治体がバラバラで忍者(の活動)をやっていた。官民一体でやっていきたい」と語った。

 会見には、衆議院議員の古屋圭司氏(65)も出席した。