新発売「男性用ニップレス」女性用との違いは?

2018年02月09日 17時00分

 これまで女性のものと思われていた乳首隠し「ニップレス」を男性も普通に着ける時代が訪れた!? 女性用ニップレス「ニップノン」を2003年から販売してきたメーカー「KOKUBO」が男性用の「メンズニップノン」(3セット・税込み189円、3月1日発売)を新開発したのだ。

 男性でもランニングなどのスポーツで衣服がこすれて乳首が痛くなるのを防止するため、ニップレスを使用する人はこれまでにも少なからず存在した。ランナー人口の増加により、需要は高まっている。

 また、男性の乳首がワイシャツから透けたり、ポロシャツ着用時の“チクポチ”が目立つことを不快に思う女性も増えているという。マナーの面からも成長が見込まれるのが男性用ニップレス市場なのだ。

 同社広報は「女性の用途は様々。夏の薄着や、ノーブラでちょっとしたドレスを着るときや、水着の下に透け防止。一方、男性のニーズはわかりやすく、需要があるので発売した」と話す。男性用は海外メーカーのものが目立つ。実績ある日本メーカーに安心感を持つ男性も多いはず。

「ばんそうこうを貼る人もいたが、吸着力に不安があってはがれやすかったり、縦長の形がカバーしきれなかったりもあった。ニップレスはそんな問題も解決します」(広報)

 円の中央部に粘着力はないため、はがすときに痛くなることもないが、乳輪に毛が生えている男性は処理が必要かもしれないという。

 では素朴な疑問として女性用と男性用の製品の違いは何か。広報は意外にも「ほとんどない」とか。素材はポリエステル不織布で、大きさもほぼ同じ。それでも女性用と記載された商品を手に取るのを恥ずかしがっていた男性は、男性用と書かれているだけで購入しやすくなるという。

「明らかに需要があるのに、恥ずかしくて買えない男性への親切心から生まれた商品」(広報)

 これからは堂々と“ニップレス男子”を宣言してほしい。