放射能の影響か 食パン一斤丸のみのゴジラナマズ出現

2013年01月28日 16時02分

チェルノブイリ原発に隣接するドニエブル川に生息する巨大ナマズ

 

 放射能の恐怖は25年以上が経過した今でも…。チェルノブイリ原子力発電所に隣接する川で、体長4メートルを超える超巨大ナマズが増殖し、放射能事故の影響による突然変異かと、現地で話題になっている。もし本当に放射性物質が体内に蓄積して巨大化しているとなればまさに“ゴジラナマズ”だが、危険すぎて調査は進んでいないという。

 

 

 巨大ナマズが繁殖しているのは、1986年4月26日に起こったチェルノブイリ原発事故現場である4号炉に隣接するドニエプル川。現在は建物全体が石棺と呼ばれるコンクリート製カバーで覆われてはいるが、老朽化が進み、その石棺ごと覆う新たな鉄筋コンクリートカバーの建設工事が急ピッチで進んでいる。石棺に近づくと、今も場所によっては200マイクロシーベルト以上という高い放射線量を示している。

 

 そこに隣接する川で桁違いに巨大なナマズが繁殖しているとなれば、放射能の影響ではないかと疑われるのも当然だ。

 

 このナマズはヨーロッパオオナマズとみられ、通常は成魚で体長約1・3~1・6メートル。今年1月、チェルノブイリのあるウクライナの隣、ロシアで約2メートル、195キロのナマズが釣り上げられ、巨大すぎると話題になったばかり。

 

 しかし、このチェルノブイリのナマズはさらに巨大で、周囲を泳ぐ約1メートルほどのコイの仲間と比較すると4メートルを軽く超えている。それが1枚の写真に3匹もいるのだ。

 

 現地で撮影した世界のUMAに詳しいニュースサイト「ウイークリー・ワールド・ニュース・ジャパン」の近兼拓史CEOは「とにかくウヨウヨいました。食パン1斤を投げ込んだら、一口で丸のみしてました」と語る。