性病詐欺裁判で判明! 女性被害者いた!!

2017年12月02日 17時00分

「クラミジアに感染している」などとウソの診断をして高額な治療代をだまし取った詐欺容疑で係争中の「新宿セントラルクリニック」(現深山会クリニック)院長の林道也被告の公判が1日、東京地裁(石田寿一裁判長)で開かれ、男性被害者5人が証人出廷した。

 同院では厚労省が定める陽性・陰性の判定基準となるカットオフインデックス値「0・90」を勝手に「0・00」と改ざんし、受診すれば誰もが「性感染症患者」になってしまうニセの“検査結果”を意図的につくり出した。

 この日の証人尋問では「女性被害者」の存在も明らかになった。被害男性Xさんがクラミジアと診断されたことで、肉体関係があった女性Aさんにも同院での受診を勧めた結果、Aさんもまんまとクラミジア患者にされてしまったのだ。

 林被告の診察態度について複数の証人が「診察中、目も合わせず、患部を見ようともしない。疑問に思い『(陰茎を)見ないんですか?』と聞いたら『見せたいならどうぞ』と言われた」など、とても医者とは思えない不遜な態度を指摘した。

 それなのに、女性のAさんに対してはニセのクラミジア診断をしたうえで「陰部が生ガキのにおいがする」と言って膣洗浄の処置をしたという。Aさんは林被告から処方された薬が合わず、じんましんが出て別の産婦人科を受診したところ陰性だと分かったという。

 証人らは「医療行為を続けさせるわけにはいかない」「被害額うんぬんでなく、これからも被害者が出ることは許されない」と口々に怒りをにじませたが、林被告は時折、壁時計に目をやるほかは目を閉じたままで、法廷でも“患者”と向き合うことはなかった。