過熱する受験商戦…ディズニーも“参戦”

2013年01月21日 11時00分

 大学入試センター試験(19、20日)を合図に、受験生にとっては勝負の時が来た。それに伴い、受験生向け商戦もたけなわだ。

 ホテル業界は様々な受験生宿泊プランを打ち出し、大きな机や加湿器つき空気清浄機、携帯カイロやホットアイマスク、お守りまでセットに組み込まれた部屋もある。名古屋の東急ホテルでは、名古屋大での試験前日に、現役名大生から受験に向けたアドバイスを受けられるコースも登場した。

 デパートも負けてはいない。JR名古屋高島屋は学問の神様・菅原道真を祭った山田天満宮で祈とうした紙で包んだ合格弁当を発売した。松坂屋栄店も「縁起を担いで五角形の折り箱を使ったり、赤飯や紅白のなます、また勝つ、という意味で海老カツやみそカツを入れたり、タイを使ったりもしています。“ごうかく”のゴマ、梅酢、カツ、栗の4つを組み合わせたお弁当も開発しました」(広報)と万全だ。

 お菓子業界も、ニューバージョンが登場した。チョコ菓子「キットカット」は“きっと勝つ”と受験生の間では縁起物として定着しているが、今年はauのEZケータイポストを使って絵馬を奉納できるサービスを始めた。受験シーズン中だけ名前が変わるお菓子も様々。「トッポ」はこの時期だけ「トッパ(突破)」になり、ラジオ番組と連動しオリジナル応援ソングを流す。ラムネ菓子「ハイレモン」は「ハイレルモン」になり、「キャラメルコーン」は「カナエルコーン」になる。「コアラのマーチ」は寝てても木から落ちないとズボラ路線には絶大な人気だ。ディズニーまで“参戦”し「合格できマウスように」とミッキーの言葉が描かれたお菓子を販売。“受かれー”とカレー味のせんべいなどがある。

 面白いのは下着メーカーのワコール。受験と恋を応援するブラジャーはフロント部分にお守りのハートビーズがついたリボンがある。さてその効果やいかに。