女子生徒の上履き盗み懲戒免職 内ズックに執着する男性講師の心

2017年09月28日 09時30分

 女子生徒の上履きを盗んだとして、秋田県教育委員会は25日付で、特別支援学校(秋田市)の男性臨時講師(22)を懲戒免職処分とした。県教育庁特別支援教育課によると、講師は12日午前7時ごろ、県央部の中学校に侵入して、玄関の靴棚から上履きを盗んだ。県警の事情聴取を受けて盗みを認めた後、教委にも事実を認めた。講師は教委の聞き取りに「女子の内ズックに興味があった」と話しているという。上履きには地方特有の呼び名があり、「内ズックは秋田でよく使う言葉」(県出身者)なのだ。ほかに「内履き」「内靴」「上靴」とも呼ばれる。この窃盗案件には性的嗜好が絡んでいると指摘するのはフェチ風俗店関係者だ。

「うちの店でも、学校関連のアイテムに強いこだわりを持つお客さんばかり」

 女性に小学生や中学生の格好をさせるのを好む男性客が重視するのが足元で、「セーラー服でも体操着でも上履きを忘れると格好が締まらない」(同)という。客が要求するプレーは「女の子の脱いだ上履きをコッソリ舐めたり、頬ずりしたり、においを嗅いだりする人ばかり」だという。こそこそ上履きをもてあそんだ後、女性は「○○くん、私の上履きに変なことしてたでしょ」とセリフを言う必要があるそうで、客の地元の言葉で上履きを呼ばなければならない。

「母校の上履きのメーカーやタイプ(ひもあり・ひもなし)の靴を用意するうえに、呼び方でリアリティーを追求している。『内ズック』と指定してたのに『内履き』と呼ばれて、怒るお客さんもいる」

 最後は上履きを履いた女性に踏まれたりして楽しむ。「好きな異性とは話せなくても、下駄箱で無防備な上履きは自由にできる。そんな学生時代を送った男性が上履きフェチになりやすい」(同)

 フェチならば、盗んだ上履きは1足だけではないはずだ。特別支援教育課は講師が「他に何足盗んだかは答えられない」としている。