ダージリン茶が飲めなくなる!?インド東部「大規模スト」背景にグルカ族独立運動

2017年09月22日 08時00分

【アツいアジアから旬ネタ直送「亜細亜スポーツ」】インド東部ダージリンは、紅茶の産地で世界的に有名。冷涼な気候が茶葉の育成に良く、英国植民地時代にプランテーション建設が進んだ。が、今年は収穫がほとんど行われていない。ダージリン茶の世界的な在庫が年内で枯渇するかも…という話も。

 これは大規模なストライキが起きているためで、約90ある茶園が3か月以上、操業していない。その背景にあるのが一帯の独立運動だ。

「ダージリンでは何年も前から『グルカランド運動』が起きていて、政情不安。ダージリンのある西ベンガル州から独立してグルカランド州をつくろう、という運動だ。そのためのデモやストが頻繁にある」(インド在住記者)

 ダージリン周辺に住むのは、ネパール系少数民族のグルカ族。「彼らはネパール語を話し、ネパール文化の中で暮らしている。だが州政府はインド人に支配されている上、ネパール語での教育を禁止する方針を打ち出した。これが大規模ストライキの引き金になった」という。

 日本のストと違い役所も商店も閉まり、物資は欠乏し、交通機関は完全に止まる。巻き込まれた旅行者は「バスなども運行をやめないと、スト主催者から何をされるか分からない。旅行会社で車をチャーターすることもできず、移動自体ができなくなり旅行どころじゃなくなった」と言う。

 ダージリン茶を運ぶ山岳鉄道は世界遺産に指定されており、山岳地帯を走る蒸気機関車は日本の“鉄ちゃん”にも人気だが、これがストの影響で走らない場合も。

 茶園で茶摘みなどに低賃金で従事しているのはグルカ族の人々で、経営者は豊かなインド人。グルカ族は搾取されていることへの不満をずっと持ち続けてきた。また避暑地や観光地でも有名なダージリンのホテルやレストラン、土産物屋などで下働きしているのもグルカ族が多く、彼らを使役するのはインド人観光客。そうした格差が不満の根底としてある。

 グルカ族は戦闘民族という顔も持つ。植民地時代、その高い戦闘力を認めた英国が傭兵として雇うようになり、数々の戦場で活躍。今でもイラクやアフガニスタンなどで戦っているといわれる。また近年はPMC(民間軍事会社)を設立する人も増えている。そんな武闘派だけに、独立運動にはグルカ族の武装組織が関わっていて、多数の死者も出ている。今後さらに荒れる可能性がある。

☆室橋裕和(むろはし・ひろかず)=1974年生まれ。週刊文春記者を経てタイ・バンコクに10年居住。現地日本語情報誌でデスクを務め周辺国も飛び回る。3年前に東京へ拠点を移したアジア専門ライター。