イケメン弁護士とダブル不倫疑惑の山尾氏 地元・名古屋で“禁断現場”目撃情報

2017年09月09日 17時00分

男女の仲は否定した山尾氏。勉強会でも一緒だった(山尾氏のフェイスブックから)

 7日発売の週刊文春でイケメン弁護士の倉持麟太郎氏(34)とのダブル不倫が報じられた山尾志桜里衆院議員(43)。報道を受けて離党届を提出後、反省とおわびの言葉を口にしたが、倉持氏とのダブル不倫は一切認めず。それどころか記者からの質問を完全シャットアウトした。8日に離党届は受理されたが、山尾氏のダブル不倫疑惑は払拭されないままだ。

 そんな山尾氏だが、週刊文春は2日に地元・愛知で行われた支援者らとの交流会に倉持氏と出席後、帰京して品川の高級ホテルで一夜をともにしたと報じた。また、その日の夕方には地元・名古屋で支援者らとの交流会に出席していたことも明かしている。

 本紙は同交流会での2人の様子を見ていた関係者の証言を得た。

「山尾氏と倉持氏は一緒にいることが多く、時折、手をつないでいるようにも見えたし、見つめ合ったりしていました。それでいて支援者があいさつに来ると、2人はサッと離れて何事もなかったかのように装っていた」

 ハタから見ても2人は恋人同士のような雰囲気をプンプンとにおわせていたという。

 同交流会は「山尾しおりとあなたの納涼まつり」と銘打たれたが、前出の関係者は「あれじゃあ『山尾しおりと倉持麟太郎の納涼まつり』とやゆされてもしようがない」と嘆く。

 くしくも2日は民進党の前原誠司新代表(55)が目玉人事として山尾氏の幹事長抜てきを内定した日。山尾氏は喜び余ってガードが緩くなり、支援者らの前で倉持氏との怪しい関係をさらした揚げ句、ホテルでのお泊まりまでキャッチされたのだとしたら、何ともワキの甘い幹事長候補だったと言わざるを得ないが…。