「職務質問」対処法“されやすい人”のパターンとは

2017年08月24日 17時00分

 警察官から長時間にわたり職務質問されて精神的苦痛を受けたとして、東京の男性プログラマー(30)が23日までに、都に慰謝料165万円の支払いを求めて東京地裁に提訴した。急いでいる時ほど、嫌になる職務質問。やましいことがない時はどうすればいいのか。

 訴状によると、男性は7月に中央区の勤務先まで歩いて通勤中、警察官にリュックサックの中を見せるよう求められた。警察官は「本官が怪しいと思った」と理由を述べた。拒否すると一時10人近くに囲まれ、1時間半以上にわたって所持品検査を迫られたとしている。最終的には、警察官がリュックの外からノートパソコンなどの荷物を触って確認した。

 職務質問については警察官職務執行法に定めがあり、犯罪を未然に防いだり、犯罪者を摘発することなどを目的とする。逃亡中の凶悪犯罪者の逮捕、薬物やナイフの所持者の摘発につながることもある。重要な行為だが、乱用も同法で戒められている。対象者にしてみれば、しつこく職質されることでカッとなるなどして、公務執行妨害をでっち上げられ、逮捕されかねないからだ。

 多くの人が職質を受けたことがあるだけに、裁判は注目を集めている。同様のケースではどう対応すべきなのか。

 自身も1時間に3回も職質されるなど、何度も職質を受けてきた詐欺研究家の野島茂朗氏はこう語る。

「職質を求められたら、逃げると疑われるので、潔く応じる代わりに、荷物検査で薬物などが何も出てこなかったら警官に謝罪してもらうことを条件に応じます。警官に謝罪をさせる際に、お辞儀の角度などに難癖をつけて何回もやり直しをさせ『××さん、困りますよ』と警官の名前を大声で叫びます。すると地域の警察に認知されて、職質されなくなりました」

 ここまで強気に出るのは、一般人にはハードルが高いだろう。だが、やましいことがない場合は、職質されないように、さらに職質されてもすぐ終わるように備えるのが大切だろう。

「職質されたら警官の名前を確認しておきます。他の職質の際に『さっき、あちらの交番の××さんにも職質されましたが、××さんの荷物検査の不備を疑っていらっしゃいますか?』とチクリと言うのも効果がありました」と野島氏は話す。

 職質される人物にはパターンがあるようだ。

 警察関係者は「中年の赤いTシャツなど派手な私服、自転車、リュック、サングラス、キャップ、金髪、坊主頭など、職質するパターンがあります。私服や金髪は正業に就いておらず、薬物使用。自転車は盗難車。リュックはナイフなど所持。キャップは顔を隠すため。サングラスは顔を隠す及び覚醒剤使用がバレないよう目を隠すため…という可能性があるからです」と言う。これらはできるだけ避けたほうがよさそうだ。

 今回の男性プログラマーについて野島氏は「リュックにノートパソコンという硬いものが入っている感じが、拳銃の疑いをかけられた可能性が大きい。私もトートバッグに撮影機器を入れ、ガチャガチャ音をさせ歩いていたら、警察から銃を持っていないかと職質されましたから。また、プログラマーでラフな格好だと、定職についていない無職中年にも誤解されたのかもしれません」と指摘している。