スケスケの水着で児童ポルノ撮影 自分の娘食い物にした父親逮捕

2017年07月29日 17時00分

 当時13歳だった長女(16)にスケスケの水着や極小ビキニなどを着せて児童ポルノビデオに出演させていた疑いで父親で映像制作業の男(46)や映像販売元の社長ら4人が児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で28日までに警視庁に逮捕された。いずれも容疑を認めている。 長女は8歳から13歳までの5年間に、計12本のイメージビデオに出演させられ、父親は合計約500万円の収入を得ていた。娘は「家の収入源なので我慢した」と説明しているという。警視庁は母親(46)も同容疑で書類送検する方針。 父親のほかにカメラマンの白鳥千里容疑者(57)、映像販売会社「サンクチュアリ」社長の秋元哲容疑者(47)、同社役員福田直生容疑者(38)も逮捕された。父親らは2015年2月、兵庫県内のマンションで当時13歳だった長女にスケスケ水着でひわいなポーズをとらせて動画撮影。昨年8月以降、DVDなど3枚を販売した疑い。

 

 父親を知る業界関係者は「ジュニアアイドルの事務所をやっていて昔から小学生にスクール水着を着せてロリ向けの映像を撮っていた。『大丈夫なんですか』と聞くと『ウチはグレーだね』と苦笑していた」という。 肝心のビデオは「撮影クルーが見切れたりして素人的で内容もすごくエッチでもない。コギャルが洗濯物を干していると突然、全身タイツの変態オヤジがのぞきに来たりワケの分からない設定が多くて、嫌気を差した少女が逃亡したことも」という。 父親は一時期はコンセプトアイドルをプロデュースするなど羽振りのいい時期もあったようだが、娘を食い物にするとはよほど切羽詰まっていたのだろうか。事情通は「児童ポルノの現場は少女の母親が付いてくるのが鉄則。“母親の了承がすべて”という文化。自分が親だからボーダーラインを見誤ったのだろう」とみている。