籠池氏“怨敵”と合体のなぜ 森友問題迷走の奇怪な構図

2017年03月16日 17時00分

会見をキャンセルした籠池氏

 大阪市の学校法人「森友学園」を巡る問題で、理事長退任を表明した籠池泰典氏(64)は、15日に東京で予定していた記者会見をドタン場でキャンセルしたが、妻の諄子さん(57)、長男の佳茂氏(36)を引き連れ上京。向かった先は、10日の会見では“敵側”だったはずのノンフィクション作家・菅野完氏(42)の事務所だった。何やら話し合った後、その菅野氏が待ち構える報道陣に対して、籠池氏から聞いた話として「現職閣僚1人が、籠池氏に数百万程度の現金を渡していたと聞いた」と爆弾発言。渦中の籠池氏の“迷走”によって、森友問題はさらに拡大しそうだ。

 

 籠池氏は15日午前、大阪から空路、上京。都内で菅野氏の単独インタビューを受けた。その後、報道陣の取材に応じた菅野氏は、籠池氏とのやりとりの一部として、現職閣僚から籠池氏に数百万円程度の現金が渡っていたことなど、衝撃発言を連発した。

 

 菅野氏は閣僚の名前を明らかにしておらず「物証はなく証言しかない」とした上で「籠池氏は現金授受の日時や場所を克明に記憶しており、信ぴょう性は高い」と語った。籠池氏は菅野氏に対し、寄付として受け取り小学校の建設費に充てたと説明し、国会や野党の調査チームに証言する意向も示したという。

 

 さらに菅野氏は、籠池氏の話として、財務省の佐川宣寿理財局長から問題が発覚した2月ごろ、籠池夫妻の弁護士に「10日でいいから身を隠してくれ」と依頼の電話があったと語った。

 

 これには15日夜、森友学園の代理人弁護士が「事実誤認」と否定するコメントを発表し、代理人を辞任したことも明らかにした。

 

 また、菅野氏は、小学校認可の問題の責任者として大阪府の松井一郎知事(53)、国有地売却交渉の責任者として当時の理財局長だった迫田英典国税庁長官(57)を名指しし「判断の責任を問われるべきは公人だ」などと批判した。

 

 名指しされた松井知事は報道陣に「(菅野氏が)籠池氏と本当に話をしたという裏付けはなく、相手にする必要はない」と述べた。

 

 一連の問題を巡り、菅野氏は籠池氏にインタビューをしたことがあり、籠池氏が関わっていた日本会議に関する著書がある。この菅野氏はもともと籠池氏の怨敵だったはず。その証拠に、10日に行われた籠池氏の記者会見で菅野氏が質問すると、場外から諄子さんが「あ~あれが一番悪いやつや!」と叫んだほどだ。それがどういうわけか、籠池ファミリーと雪解け。いまや菅野氏はブレーンとなり、この日は籠池氏に代わりスポークスマン役をした形だ。

 

 この奇妙な構図の裏で何が起きているのか?

 

 テレビ関係者によると「稲田朋美防衛相の虚偽答弁が煙幕になっているが、森友学園問題は永田町の弾薬庫。ノーチェックで同法人を『認可適当』と判断した松井府知事も無事では済まない。野党としては籠池氏を追及するより、囲って自軍に引き入れたい。水面下で“籠池争奪戦”が繰り広げられているんです」と話す。

 

 稲田氏のこれまでの態度を見てもわかる通り、籠池氏と関わりがあっただけで、その過去を消し去りたいほど嫌悪感を持っていた政治家たちが、争奪戦とは、あまりに怪しすぎる。とはいえ、現時点で籠池氏の手綱を握っているのは菅野氏ということになるが…。

 

「当の籠池氏が風に流される風船のようなもの。各方面から集中砲火を浴び、どうしたらいいかわからなくなり迷走している。味方になってくれる人がいれば、ホイホイ付いていくし、話もうのみにしてしまう。都合良く利用されなければいいが…」(関係者)

 

 キーマン籠池氏の“迷走”が始まり、奇怪な展開になってきた森友学園問題。エンディングは、もはや誰にも予測できない。