女装露出で逮捕された73歳ジイさんの言い分

2017年01月12日 07時00分

 阪急電車内でイチモツを露出した公然わいせつ容疑で10日までに、京都市中京区の無職男(73)が現行犯逮捕された。この寒さにもかかわらず「陰部を出して歩くのがクセになってしまった」などと容疑を認めているという。

 男はブレザーと赤いチェック柄のミニスカという王道アイドル風ファッションに、ピンク色のストッキング、赤い靴というエキセントリックなコーディネートで9日午前11時40分ごろ、阪急河原町駅に停車中の準急電車に乗り込んだ。

 折り返し運転待ちで当時、車内に乗客はまばらだったが、たまたま居合わせた客の目に飛び込んだのは、ストッキングを下ろし、特にナニをするわけでもなく座っていた局部モロ出しの男。男は駅員からの通報で駆けつけた下京署員により、あっけなく御用となった。

 同署によるとスカート丈は「女性のミニスカよりさらに短く、立っている状態で局部が見えるか微妙な長さ」(捜査関係者)というから、座っていれば間違いなくアウトだろう。

 男は中背で美形だという。化粧や女性モノのカツラなどは身に着けておらず「整った顔のおじいさんが女子の制服を着ているのでそれだけに違和感があった」(同)。京都一の繁華街・河原町では年間通して開チン目撃情報が入るといい、同署では関連を調べる方針。

“女装露出”というのは、性癖のジャンルで確立されている。マニアは「最初は女装して街を歩くだけで、みんなに変な目で見られてるかもとドキドキ興奮する。しかし、女装は違法ではないため、慣れたベテランには興奮が足りない。そこで露出という違法行為がプラスされることで、女装当初のようなドキドキがよみがえるのです」と説明した。