猫ひろしより注目されたリオ五輪カンボジア代表の女子選手

2016年08月27日 09時00分

泣き顔も愛らしいセイブメイ(ロイター)

【アツいアジアから旬ネタ直送「亜細亜スポーツ」】リオ五輪男子マラソンのカンボジア代表・猫ひろし(39)は、完走こそしたが、155人中139位だった。カンボジア国内では「ほぼ黙殺だった。ウチの店でも五輪中継は流してたけど…」とは現地飲食業関係者だ。

 そもそも現地では、国籍を変更してまで強引にカンボジアの競技会に割り込んできた者…というイメージが強いという。

「こっちには3000人ほど日本人が住んでる。繊維などのメーカー、商社、インフラを中心に、私のような飲食業もここ数年増えてるが、みんな猫のことは苦々しく思ってるはず。カンボジア国内で日本人の評判を落とした存在といえる」(同関係者)

 親日国とあり、表立って日本を批判する声はないが、代わって猫への称賛も、競技についての紹介もほとんどない。

「猫についての報道はほぼなし。有力紙プノンペン・ポスト、カンボジアン・デーリーほか、週刊誌やゴシップ誌ですら名前を見てない。カンボジア五輪委がわずかに伝えた程度」(前同)

 だが、同じマラソンでも喝采を集めた選手がいる。カンボジアで初の女子マラソン出場を果たしたリー・ナリーだ。44歳と高齢ランナーながら、歯を食いしばり走る姿はカンボジア国民を感動させた。157人が出場し、炎天下で24人が途中棄権する中、ナリーは最下位133位だったが完走。ゴール後、カンボジア国旗を身にまとい走る姿には、歓声が上がった。

 もう一人、カンボジアの期待を一身に背負ったのが、テコンドー女子67キロ超級のソーン・セイブメイ選手(20)。一昨年のアジア大会で優勝、カンボジアに初の金メダルをもたらしたことで注目されるようになった。183センチの長身、理知的で愛らしい顔立ちもあり人気を集め、今回の五輪開会式では旗手を務めた。

「カンボジアの星」と呼ばれ、メダルへの期待も高かったが、オランダの実力選手に敗れ、ベスト16にも届かず、号泣。試合後、フェイスブックで謝罪し、次の東京五輪を目指す決意を表明した本人には、多くの共感と支持が集まっている。

☆室橋裕和(むろはし・ひろかず)=1974年生まれ。週刊文春記者を経てタイ・バンコクに10年居住。現地日本語情報誌でデスクを務め周辺国も飛び回る。2年前に東京へ拠点を移したアジア専門ライター。