下半身露出で逮捕された名物「乳首おじさん」は33歳公務員

2016年06月09日 06時30分

 関西の有名変態男「乳首おじさん」が逮捕された。京都府警城陽署は7日までに、電車内で下半身を露出したとして、公然わいせつの疑いで、滋賀県栗東市職員の男(33)を逮捕した。逮捕容疑は、5月21日午後6時45分ごろ、近鉄京都線富野荘―寺田間を走行中の普通電車内で、女子高校生(16)ら2人の前で下半身を露出した疑いだ。

 城陽署によると、逮捕時は職業を「スーパー店員」と偽っていた。容疑を認め「懲戒免職を恐れた」と話している。市役所では社会福祉課で生活保護を担当していた。

 近鉄の車内では、女性を見ながら、乳首が透けて見える薄い肌着の上から自分の胸を触る男が目撃されており、通称「乳首おじさん」として2013年ごろからツイッターなどインターネットに写真が投稿されていた。

 2013年7月、女性がツイッターで「こいつうちの顔見ながら両乳首いぢってた。ガン見具合えぐない?」と写真をアップ。すると「真顔でこちらを見つめながら両乳首をもてあそぶそうです」「電車待ってるねんけど、こっち向いて乳首かいてる人いる」などそれぞれが撮影した画像を続々とネットに上げた。

 男はケータイを向けられても、顔をそむけることはせず、レンズを凝視しながら、乳首を触り続けていたようだ。若者の間では電車内や駅ホームで、男のポーズをまねした画像をツイッターにアップすることがはやっていたほどの有名人だった。

 無害だったうちは笑えたが、今回は下半身を露出してしまった。

 栗東市の野村昌弘市長は「市民の皆さまに深くおわび申し上げ、厳正な対処と信頼の回復に努める」とのコメントを出した。