【北海道・置き去り】男児を保護 不明当日から自衛隊演習場にいた

2016年06月03日 11時25分

鹿部町の陸上自衛隊演習場内の宿舎

 北海道警によると、3日午前7時50分ごろ、北海道南部・七飯町の林道で行方不明になっていた小学2年の田野岡大和くん(7)とみられる男児が、鹿部町の陸上自衛隊演習場内で保護された。目立った外傷はない。大和くんは家族と遊びに出かけた後、父親に「しつけ」として林道に置き去りにされ、道警や自衛隊などが連日捜索したが見つからず、2日に捜索本部が解散していた。事態は7日目で急展開。大和くんが無事で何よりだが、5日間余りの空白のナゾは残る。

 大和くんとみられる男児がいたのは鹿部町の陸上自衛隊駒ケ岳演習場。陸自幹部によると、同演習場内で訓練中の陸自隊員が、隊員宿泊施設近くにある隊員が雨宿りに使う小屋の中で見つけた。男児はその後函館市内の病院に搬送された。現場は大和くんが不明になった七飯町の林道から約8キロ離れている。

 道警によると、男児は自ら「田野岡大和」と名乗った。「28日夜から演習場にいた。一人で山の中を歩いてきた。水を飲んで過ごした」と話している。姿が消えた5月28日から、演習場にいたことになる。テレビ局の取材に答えた自衛隊員によると、小屋に食料は置かれていないという。

 大和くんが行方不明になって7日目。前日には捜索本部が解散され、3日以降の捜索規模縮小が決まっていた。関係者も肩を落としてから一夜が明け、吉報が訪れた。

 2日は道警や消防、陸上自衛隊などが約180人態勢で置き去りにされた現場山中を捜索。横一列に並んだ捜索隊員が山林に入り、見落としのないように捜す「ローラー作戦」が行われた。5月31日には、「山の上の方を重点的に捜索してほしい」という両親の要請で、大和くんを降ろした車の進行方向とは異なる北西に広がる駒ケ岳の裾野にも範囲を広げ捜索したが、発見には至らなかった。

 大和くんは5月28日、家族と姉の一家4人で鹿部町の公園で川遊びをした。公園で人や車に石を投げつけたため、両親は同日午後5時ごろ、しつけの意味を込め、自宅への帰り道に、七飯町の舗装されていない林道で車から降ろして置き去りにした。父親(44)が約5分後に現場に戻ったが、姿が見えなくなっていたという。

 両親は当初、山菜採りの最中に家族とはぐれたと警察に伝えた。後になって「しつけ」だったと内容を変えた。「普段から虐待をしていると疑われると思ったので、当初は山菜採り中にはぐれたと通報した」と説明。置き去りが保護責任者遺棄の容疑に当たるか慎重に調べていた。

 それにしても28日夕方以降の5日間と約半日、懸命な捜索にもかかわらず姿も見られずに、どうやって自衛隊の施設内で身をひそめていたのか。小学校低学年の男児が着の身着のまま、食料もたやすく入手できない状況に加え、31日には激しい雨が降る悪天候により、捜索を打ち切るなど、気温の低い日もあった。過酷な環境での“サバイバル”は、まさに奇跡的生存とも言える。

 これまで手がかりすらなかった大和くんをめぐっては、さまざまな説が語られてきた。北海道で見られるヒグマに襲われた説、林で迷子になった説、車の通行が目撃されたことから、通りかかった変質者にさらわれた説も挙げられた。

 無事に発見されたのは何よりだが、なぜ家族や警察などと連絡が取れなかったのかなど、残されたナゾは少なくない。これから解明が始まる。