オバマ大統領の広島訪問を批判する韓国の歴史認識のデタラメさ

2016年05月15日 10時00分

 オバマ米大統領(54)が27日に被爆地の広島を訪問することで、韓国が大揺れだ。

 

 韓国紙「朝鮮日報」は「オバマ大統領は広島で『加害者は日本、被害者は韓国』と指摘せよ」との社説を掲載した。また韓国のニュース専門テレビ局YTNは「加害者である日本が被害者に変わってしまう可能性があると懸念する声が出ている」と伝えた。

 

 韓国のネット上では「(日本は)被害者ぶるな」「日本が戦犯国という事実は変わらない」という声が噴出している。なぜ批判殺到なのだろう。

 

 韓国事情に詳しい文筆人の但馬オサム氏は「韓国では、日本は武力で韓国を植民地にし、侵略戦争を起こした『戦犯国』と教える。その歴史認識自体がかなり偏っているわけですが、なによりもおかしいのは戦犯国という言葉です。戦犯(戦争犯罪人)という言葉はありますが、戦犯国という言葉は国際通念上存在しません」と指摘する。

 

 そして韓国は日本を「戦犯国」という概念に押し込めることによって、大日本帝国とナチス・ドイツを同一視させる国際キャンペーンを張っているのだという。

 

「韓国からすれば、広島、長崎の原爆は、戦犯国に対し天が下した懲罰なのです。日本が原爆の恐ろしさを語るのは、懲罰を受けた悪者が、痛い痛いと文句を言って同情を買うようなものというのが彼らの認識なんです」(但馬氏)

 

 オバマ大統領が原爆死没者慰霊碑で献花すれば、韓国のキャンペーンが土台からひっくり返ってしまうというわけ。

 

 とはいえ、広島の被爆者のうち韓国人被爆者は約2万人いる。韓国の被爆者でつくる「韓国原爆被爆者協会」は代表団数人を広島へ送ることを決め、オバマ大統領に在韓被爆者の存在を認識し、謝罪と賠償するよう手紙を送るという。それならばオバマ大統領の訪問を歓迎すべきではないだろうか。