韓国で「ペット整形」流行の兆し

2015年10月26日 06時30分

 整形大国・韓国で、今度はペット整形が流行の兆しをみせている。

 韓国で実施された人間の整形手術は2011年、件数は世界7位、人口1万人あたりの件数は世界最多となった。それが人間だけでなく、ペットへの施術も増加しているというから驚きだ。きっかけはあるモデルがテレビ出演した際、もともと目に障害があり手術を必要としたペットの犬に医者の勧めで整形も同時に行ったと告白し、二重まぶたでパッチリおめめの整形犬が紹介されたことだった。

 人間と同じように目を二重にしたり、脂肪吸引やボトックス注射までもペットに施すという動物美容整形医の見解は「ペットの外見を整えることは法にのっとった飼い主の権利」。

 だが、これは当然ながら「動物虐待。ペットは美醜を判断できないのに人間の身勝手」と批判が上がり、論争となっている。

 お隣の中国でも、約7年前に吉林省で「パンダ犬」が流行したことがある。チャウチャウ犬に毛染めをして、パンダそっくりに変身させるというものだった。
 一方で「犬の体を意図的に切断すること自体は世界中でこれまでにも行われてきた。それとどう違うのかという整形賛成派の意見もある」という。

 犬のブリーダー業界関係者は「断尾断耳がよく知られています。牧場犬が牛などに踏まれないようにするためとか、枝にひっかからないようにするためとかで耳を切る。闘犬などでは耳をかまれないようにするためや、強そうに見せるために、ドーベルマンやボクサーの耳を立つように切断します。英国では2007年に断尾が禁止されたことで、コーギーが絶滅の危機と発表されました。理想の形に作れなくなり、ブリーダーが減ったのが原因とされています」という。ただ、韓国のペット整形は、飼い主の意思による美容目的だけに、別の批判の的となりそうだ。