旧統一教会「HG=早く現金」の献金隠語は存在するのか ズバリ直撃したところ…

2022年07月23日 11時45分

山上容疑者が起こした銃撃事件で注目される献金問題(東スポWeb)
山上容疑者が起こした銃撃事件で注目される献金問題(東スポWeb)

 安倍晋三元首相の銃撃事件後、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と全国霊感商法対策弁護士連絡会のバトルが激化している。

 旧統一教会は17日の声明で「弁護士らがテレビに出演し、あたかも同事件が当法人の活動が原因で起こったかの主張を繰り広げ、事件との関連のない当法人についての様々な見解を述べていることに対しては、強く抗議いたします」と主張。「まだ捜査中であり、容疑者の動機や事件の背景に関する供述はどこまで真実か明らかではありません」といさめた。

 これを受けて弁護士連絡会は20日、「再反論」と題して家庭連合の17日の声明を再批判。「被疑者の動機に関する報道が事実であるとするならば、家庭連合が信者にした母親をして、一家を経済的に破滅させるに足りる献金をさせたこと、そしてそれが今回の事件の重大な要因となっていることは明らかであり、『事件との関連のない』との弁明は余りにも無責任です」と斬り捨てた。

 弁護士連絡会はかねて、紀藤正樹弁護士らが中心になって旧統一教会を批判している。

 紀藤弁護士は安倍氏の銃撃事件後、ワイドショー番組で旧統一教会の信者に対する集金法としてこう解説した。

「『早く現金』という言葉があって、それを『HG』という。(旧)統一教会の中で『HG』って言ったんですね。借金をしてでも献金しようとする」

 旧統一教会が信者に献金をせかす隠語だという。聞き慣れない言葉にネット民は「パワーワード」と仰天した。
 果たして「HG」なる隠語は存在するのか。旧統一教会に確認すると、「当法人に『HG』という言葉はありません」と否定した。

 宗教問題に詳しい法曹関係者は「団体として関知しないけど、信者レベルではかつて献金を求める際にこっそり使われた隠語といわれています」と語った。

関連タグ: