テレ朝支局長「下半身画像誤爆」の代償 タイでは冗談で済まない空気

2015年08月08日 06時00分

 テレビ朝日のバンコク支局長による“下半身画像誤爆”が、シャレでは済まない展開になっている。40代のこの男性社員は7月半ば、同地に赴任。同月27日深夜、あろうことか自身の下半身画像を地元タイ駐在の外国人記者仲間154人が参加する「LINE」グループトークへ誤って投稿してしまった。日本では1日に広く伝わったこの騒動、同国では日本のイメージに関わる問題とも受け止められた。

 独自入手したその写真は、ベッドで仰向けになった男性が右手で下半身を握り、果てた直後に自撮りしたもののようだ。

 騒動の主は東大出のエリートM氏。権威ある地元英字紙バンコク・ポストによると、日本人の知人女性に送ろうとして“誤爆”してしまったと本人は釈明しているそうだが、投稿のあった「LINE」グループのメンバーは大激怒。というのも、グループを開設したのはタイの外務省で、政府からの公的発表の場として使われているからだ。

 つまり“ウェブ上の外国人記者クラブ”で誤爆してしまったというわけ。テレビ朝日は、タイ外務省に次のように謝罪した。

「当社社員が極めて不適切な行為をしたことは誠に遺憾であり、深くおわび申し上げます」

 以前から日本の男性にとってタイは“天国”的な存在と思われていたが、そんなイメージとは裏腹に露出行為には極めて厳しい国だ。現地駐在記者が解説する。

「歓楽街が有名なこともあり誤解してる人は多いが、性表現に対してはとても厳しい国。地元女性が海やプールで水着になることはほとんどなく、水着を着たとしても上にTシャツなどを重ねてます。一部女子大生は体にフィットした制服を着たりしているけど、毎年のように教育界や仏教界から批判される。そんなお国柄だけあって、テレ朝支局長の行為は大問題です。日本ではおバカな下ネタとして取り上げられてるようだけど、タイでは『冗談では済まされない』という空気」

 タイ人はとても親日的だが、日本人にスケベで変態というイメージを持っている人も多い。タイ国内では性表現の規制が厳しいため、裏流通しているメディアに需要が集中するわけだが、そのほぼすべてが日本製だからだ。「日本=エロ大国」のイメージはすっかり定着している。現地男性に最も知名度のある日本人女性は、セクシー女優の蒼井そら(31)だ。

 バンコク中心部のスクンビット通りには、日本人経営のいかがわしいマッサージ店が乱立。日本の風俗のようにコスプレ、大人のおもちゃ、趣向を凝らしたローション類など、フェチ系アイテムも充実している。

 ただ、現軍事政権がこれらを問題視。昨年からたびたび摘発を受けており、地元でもニュースになっている。そこへきて“下半身画像誤爆”騒動とあり、タイ人は怒るというよりあきれている。

「バンコク・ポストは問題のテレ朝支局長のことを実名で報じている。その記事がフェイスブックで続々とシェアされているから、反響の大きさが分かるよ。またタイ最大の掲示板サイト『サヌック・ドット・コム』でもトピックが立ち、サイズの小ささをやゆするものから、厳格な処分を求める声まで、さまざまな書き込みが殺到している」(前出記者)

 タイの外務省に謝罪したテレ朝は、M氏を謹慎処分にしたという。妻との間に子供はなく、赴任間もないため現地では一人暮らしだったという。既に日本へ帰国しているとの情報もある。記者クラブでの取材は事実上不可能となった以上、バンコク駐在はもう難しいと思われる。在タイ記者たちは「後任者もさぞ肩身が狭かろう」とささやき合っているという。