【参院選】乙武洋匡氏「これが私の真骨頂」 ひろゆき氏と〝犬猿〟堀江貴文氏も応援演説

2022年07月05日 22時22分

乙武氏(左)の応援に駆け付けた堀江貴文氏(東スポWeb)
乙武氏(左)の応援に駆け付けた堀江貴文氏(東スポWeb)

 東京選挙区(改選6)から無所属で立候補した作家の乙武洋匡氏(46)が5日、東京・赤坂駅前で街頭演説を行い、持ち前の人脈力を発揮した。

 小雨と強風という悪天候にもかかわらず、駅前には100人近くの人だかりができた。聴衆の目当ては、応援演説に駆け付けた実業家・堀江貴文氏(49)。堀江氏に加え、メガネ販売を行うOWNDAYS社長の田中修治氏も参加。田中氏は先月28日にも応援演説を行ったが「先週、新橋で応援させていただいたんですけど。乙武さんを応援しきれなかったので、もう1回リベンジしたくて来ました」と男気を見せた。

 田中氏の後にマイクを握った堀江氏は「乙武さんみたいな人が政治家をやってくれるというのは、すごく貴重な話。仕事ができて、フットワークが軽くて、聡明な方というのは国会議員やってくれない」と私見を述べた。

 現在、6席目を争う乙武氏について「厳しい所で頑張ってる乙武さんみたいな人を僕は応援したいと思ってる。みなさんも是非投票してください」と呼びかけた。

 立候補前に2ちゃんねる開設者で実業家のひろゆき氏(45)と街頭演説を行い、選挙終盤になって堀江氏が応援に駆け付けるなど交友関係の広さを実証した。しかし、ここでに気になるのが、ひろゆき氏と堀江氏が犬猿の仲であることだ。

 この件について「これが私の真骨頂と思ってる。ご当人はバチバチじゃないですか。でも私は両方とすごくいい関係を築いてる。政治の世界でやりたいことはこういうこと。与党と野党がバチバチの中『本当に国民の為になることって何でしたっけ?』ということを真ん中の位置でどちらにも働きかけていく。『与党と野党はバトってるけど、乙武が仲を取り持ってくれたことでこの法案成り立ったよね』みたいなことをやっていきたいと思ってます。そういう意味では、ひろゆきさんも堀江さんも応援してるのが乙武なんだと思ってもらえたと思います」とアピール。

 ひろゆき氏と堀江氏の仲裁にも期待したいところだ。

関連タグ: