【参院選】生稲晃子氏 アンケート騒動後の街頭演説で「生稲ーー!」の怒号

2022年06月29日 22時02分

街頭演説終了後、記念撮影に応じた生稲晃子氏(東スポWeb)
街頭演説終了後、記念撮影に応じた生稲晃子氏(東スポWeb)

「生稲ーー!」。参院選(7月10日投開票)東京選挙区(改選6)から自民党公認で立候補した元「おニャン子クラブ」で女優の生稲晃子氏(54)が29日、街頭演説の終了後、若い男性から怒号を飛ばされる場面があった。

 生稲氏は28日に地元・多摩地区で行うはずだった練り歩きを猛暑の影響で中止。また、ネットで行われた政策アンケートへの回答が不誠実だとして批判が殺到し釈明に追い込まれていた(29日午後になってツイッターでアンケートに回答した画像を貼付)。

 この日、東京・荻窪で行われた生稲氏の応援演説会には松野博一官房長官、石原伸晃元幹事長、丸川珠代参院議員たちが声を張り上げ「生稲晃子さんを国会に送り出してください。よろしくお願いします!」と支持を訴えた。

 100人以上の聴衆が「絶対、投票します」と応じ、生稲氏の街頭演説は大盛り上がりで幕を閉じた。

 演説を終えた生稲氏が聴衆とグータッチ、記念撮影タイムを始めると、男性ファンを中心に長蛇の列ができた。中にはサインをねだる中年ファンが登場してスタッフを慌てさせるなど、アイドル時代さながらのモテモテぶり。

 ところがTシャツ姿の若い男性が2度にわたって「生稲ーー!」と怒鳴り声を張り上げると、現場は一瞬静まり返った。記念撮影中の生稲氏は男性の行動に気付かなかったようで、地元選出の地方議員やスタッフは安堵の表情だった。

関連タグ: