【参院選】松川るい氏が山田太郎氏と〝オタロード〟練り歩き「BLばっか読んでた」

2022年06月28日 13時37分

左から松川るい氏と山田太郎氏(東スポWeb)
左から松川るい氏と山田太郎氏(東スポWeb)

 自民党の山田太郎参院議員(55)が28日、参院選(7月10日投開票)に大阪選挙区(改選4)から出馬した松川るい氏(51)の応援に駆けつけ、大阪・日本橋のオタクの聖地〝オタロード〟を練り歩いた。

 漫画やアニメ、ゲームなどの表現の自由を主張し、前回の参院選の際も「表現の自由を守る!」とオタロードで訴えていた山田氏。この日はトレードマークの蝶ネクタイ姿ではなく、松川陣営の水色のシャツ姿で松川氏にオタロードを紹介しながら練り歩いた。

 今でこそサブカルの街の装いだが、元々は西日本一の電気街だった日本橋。私立四天王寺高校出身の松川氏も、学生時代は難波に繰り出す際の通り道になっていたそうで「懐かしいですね」と話した。

 松川氏が「私も漫画にはめちゃくちゃハマってた。『日出処の天子』とか『風と木の詩』とか少女漫画と呼ばれるものは、ほぼほぼ読破してましたよ。BLばっか読んでた」と明かすと、山田氏は「外交防衛で売っている女子も、何だかんだ言って漫画にハマってたっていう新たな一面が見れた」とニッコリ。「誰しもが青春時代に通過儀礼とまではいかないけど経験しているので、いい空気になってきてる」と語った。

 さらに、ロシアが主導する新サイバー犯罪条約案について「漫画、アニメ、ゲームを規制しようというもので、国連で検討されることになっていて、我々も国連と直接交渉しないといけない。松川さんみたいな外交官でばりばりフロントやってた人がいるんだから、力を借りていきたい」と松川氏の手腕に期待していた。

関連タグ: