【参院選】乙武洋匡氏 元『仮面女子』橋本ゆき議員の熱い応援演説に「もう終わっていいかなと…」

2022年06月27日 21時54分

左から乙武洋匡氏、橋本ゆき氏(東スポWeb)
左から乙武洋匡氏、橋本ゆき氏(東スポWeb)

 東京選挙区(改選6)から無所属で立候補した作家の乙武洋匡氏(46)が27日、東京・有楽町で街頭演説を行い、元アイドルグループ「仮面女子」のメンバーで渋谷区議会議員の橋本ゆき氏(29)が応援演説に駆け付けた。

 マイクを握った橋本氏は、乙武氏を応援する理由について「本人が頑張ろうとしているのに、勝手に諦めさせているのが、残念ながら今の社会です。私はそんな社会を変えたい。諦めなくていい社会をつくりたい。そんな中、乙武さんが諦めなくていい社会を作るために、立ち上がってくれました。だから私は全力で応援します」と話した。

 続けて「無所属って何もできないかもしれないと思いませんか? 違うんですよ。乙武さんは与党も野党も関係ない。多くの政治家との絆があります。今、対立してる与党と野党を同じテーブルにつかせて、日本の国民がもっと生きやすい社会の現実的な方法、改革をやってくれると思います」と熱弁した。

 橋本氏の演説を聴いた乙武氏は「『もう終わっていいかな』って思うぐらい私の伝えたいこと、実現したい社会を余すところなく語ってくれた。もう本当に、このまま終わっていいんじゃないかなと思うぐらいの素晴らしい応援演説でした」と感謝の言葉を口にした。

 そんな乙武氏は演説後の定番となった質問コーナーで、聴衆からの質問にひとつ、ひとつ丁寧に答え、しっかりと存在感を示していた。 

関連タグ: