「スイーツパラダイス」クレジットカード情報流出に「発表が遅すぎる」の声

2022年06月08日 18時50分

 スイーツなどの食べ放題を展開するチェーン店「スイーツパラダイス」の運営会社が7日に公式サイトで7645件のクレジットカード情報が不正アクセスにより、漏洩したと発表した。

 漏洩したのは、クレジットカード名義人名、クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードだという。
 
 昨年12月ごろからSNSで「スイーツパラダイスのオンラインストアで通販を行った人のクレカが不正利用されているらしい」「登録したカードを使われて、米ドルで家具やアパレル系を購入されている」と報告されていた。

 それに対し、同社は昨年12月に「不正アクセスの恐れがある」と発表したがその後半年ほど、本件についての続報はなかった。
 
 同社は情報漏洩の公表が遅れたことについて「不確定な情報の公開はいたずらに混乱を招き、お客様へのご迷惑を最小限に食い止める対応準備を整えてからの告知が不可欠であると判断し、発表は調査会社の調査結果、およびクレジットカード会社との連携を待ってから行うことに致しました」とコメントし、謝罪した。
 
 これに対し、SNSでは「発表が遅すぎる…」「セキュリティーコードまで流出してるんだから、早期の公表が必要な事例でしょ」と批判の声が上がった。

関連タグ: