名古屋「JKビジネス規制強化」の反動で女子高生が大胆“抜け道”公開

2015年07月12日 10時00分

 JK(女子高生)ビジネスを規制する愛知県の改正青少年保護育成条例が今月から施行され“JKビジネスの聖地”といわれた名古屋の140店に立ち入り検査が始まったのは本紙既報通りだが、女子高生側の対抗策も現れ始めている。名古屋近郊の高校2年生の女子高生(17)は「居酒屋でみんなで遊びたいって目的で作ったんだけど、出会いカフェで使ってみたら一発で入れた。そこで初めてエンコー(援助交際)したよ」と語る。

 何を作ったのかといえば偽造身分証だ。以前からJKビジネスが発展した裏に偽造身分証の存在があるといわれてきた。この女子高生は当初、居酒屋に客として入るため「友達の紹介で実在する美容系専門学校の21歳の学生の学生証を1万円で購入した」という。だが、次には18歳未満は入店できない出会い喫茶に行き、そこで知り合った客と週1回、援助交際(売春)をするようになったという。

 名古屋の風俗店オーナーは「ホストクラブに行きたいがために偽造身分証を作る子もいます。それがいつの間にかキャバクラで使うようになり、風俗で使うことになる」と語る。偽身分証はどうやって作られるか。

「18歳以上の女性から本物の身分証を買い取り、それをJKに売りつけ、なりすましさせる。売った女性は専門学校などに紛失を届けて再発行してもらう。学生証から保険証、住民票などを偽物と見破れないほどの技術で偽造するグループも存在する」(事情通)

 女子高生は単純に酒が飲みたいなどのほか、少しでも時給が高い店に入ってお金を稼ぎたい目的もあるという。

「セクシー居酒屋やセクキャバはファストフード店の時給の少なくとも2倍は稼げるからですよ。偽造身分証は5000円、1万円の簡単なものから、20万、30万円もする精巧なものまである。20万円の身分証のためにJKビジネスで裏オプションをやるという逆転現象も起きていた」(前出のオーナー)

 いつの時代も、規制強化VSそれをかいくぐる人間とのいたちごっこは続くようだ。