4630万円誤送金〝使った〟男に専門家「カジノでスッたなら懲役2~3年の実刑」

2022年05月17日 15時47分

本当にカジノでスッたのか(東スポWeb)
本当にカジノでスッたのか(東スポWeb)

 17日放送のCBC「ゴゴスマ~GOGO!Smile~」では山口県阿武町の4630万円の誤送金問題を取り上げた。

 阿武町は新型コロナウイルスの臨時特別給付金として男性(24)に間違って4630万円を送金していたが、男性から返金されず問題となっている。17日に男性は「ネットカジノで全部使った」と関係者を通じて説明していることが明らかになった。

 ITジャーナリストの三上洋氏はネットカジノについて「賭け金は上限はある。ただ、1回あたり10万、100万円は賭けることができるので、短期間で全額使うことは可能」と解説した。

 また、今後は4630万円を「返す」か「返さない」のどちらかになるかが注目されるが、菊地幸男弁護士は「(4630万円を)他の口座に移した段階で、詐欺罪、窃盗罪が成立する。いったん成立した罪は消せない」と指摘した上で「仮に本当にカジノでスッたとなった場合、懲役2~3年の実刑になると思う」という見解を示した。

関連タグ: