飛行機の翼の上に猫! 飛行中にパイロット気づく

2015年06月23日 17時31分

“空飛ぶ奇跡の猫”の動画が今、話題をさらっている。複数の動画サイトが掲載しているものなのだが、2人乗りの簡易飛行機が離陸後、翼の上に猫がいることにパイロットが気づき、あわてて機体をUターンさせ着陸、猫を救出するところまでが機載カメラで写されている。

 米国(?)の地方の飛行場らしき場所でカップルとおぼしき男女が飛行機に乗り込み、滑走路を走り始めるところから動画は始まる。十分にスピードが乗ったところで離陸。翼は透明のアクリル様のものでできており、5メートルほど浮上したあたりで画面の隅の翼の上で何かが動くのが見える。気づかずにニコニコとしていたパイロットの表情が、その数秒後にギョッとなる。ふと横を見ると翼と機体のすき間から猫が顔を出しているのだ。

 信じられない!と見事なまでに“二度見”したパイロットは、事態を即座に把握し、元の滑走路に戻るべく機体を旋回させる。それでも、あまりにも予想外の珍事に、約1分ほどのフライトで着陸するまで男女の頬は緩みっぱなし。無事、機体がストップするや、男性が猫を救助に走るが、すき間から抱え上げられた瞬間に、猫は脱兎のごとく走り去った。

 おそらく停機中に翼の端で昼寝でもしていたのだろうが、浮上後にパニックになって転落していたら、いくら猫でも大ケガは免れなかっただろう。意外に冷静に操縦席ににじり寄った猫と、操縦を誤らなかったパイロットの好判断で事なきを得た。