わいせつ逮捕された“コネ就任”元副園長の裏の顔

2015年06月24日 06時00分

 とんでもない変態教師だ。勤務していた私立幼稚園の園児の体を触るなどしたとして、大阪府警守口署は22日、強制わいせつの疑いで、元副園長(30)を逮捕した。

 守口署によると、元副園長は今春、勤務していた幼稚園内外で園児1人の体を触った疑いが持たれている。大阪府警が計3人の男児と女児の保護者から被害届を受理、園内や元副園長宅を家宅捜索していた。

 この幼稚園に通う園児の保護者は「いつも預かり保育の子(=幼稚園の教育時間終了後に在籍する園児)が狙われていたみたい。行為があったのは、だいたい帰りのスクールバスの中で、(同容疑者が)女の子や男の子の下半身を触っていたらしいんです」と明かす。

 さらに、元副園長は信じられない言葉を幼い少女に発していたという。「口にするのもおぞましいんですが、女の子に対し(自分の性器を)『舐めて』とか『触って』って言ったこともあったらしいです」(同)

 普段の勤務ぶりについては「保護者の前では普通だったけど、保育士の先生に対してはとても横柄だったみたい。たまたまあるお母さんが職員室に立ち寄ることがあった時、(同容疑者が)とてもえらそうに先生たちを怒鳴っていたらしいです」と別の保護者は語る。

 ちなみに、元副園長の実母(58)はこの私立幼稚園の理事長兼園長。

「こんなことが起こる以前から評判は悪かった。若くて経験もないのに、親のコネだけでいきなり副園長になっていたから。私たちの前ではボ~ッとしているというか、おとなしそうな感じでしたが」(同)

 取り調べに対し元副園長は黙秘しており、警察は自宅からパソコンを押収するなどして捜査を進めている。