口永良部島噴火にマニア悲鳴!もう希少クワガタ採集できない?

2015年06月23日 10時00分

 福岡管区気象台は21日、口永良部島(鹿児島県屋久島町)・新岳の火口を上空から調査した結果、火砕流の痕跡は確認されず、火口の形状を変えるような大きな噴火の形跡も見られなかったと明らかにした。今後も5月29日と同程度の噴火が発生する可能性があるとして警戒を呼び掛けている。新岳は18、19日に再噴火した。

 多くの住民が屋久島に移った。避難生活が長期化するとの観測もあり、いつ島に戻れるのか不安な日々が続いている。

 住民の心配に比べたら小さなものだが、クワガタマニアも心配している。「口永良部島というのは離島のクワガタに興味がある人にとっては有名です。離島にはそこにしかいないクワガタがいるのですが、多くの離島が条例で採集禁止になっています。口永良部島はまだ採ってよかったんです」とマニアの男性は語る。

 口永良部島にいるのは「ミシマコクワガタ」で、日本各地で見られるコクワガタの亜種。体が赤色なのが特徴だ。周辺の島にも生息するがそれらの島では採集禁止になっている。また、ノコギリクワガタの亜種で「クチノエラブノコギリクワガタ」もいる。こちらも体が赤い。

 離島のクワガタは人気だ。そこでしか採れないというのが魅力になっている。採集禁止になった種類でも、禁止になる以前に採集された個体の子孫が高値で流通している。また、標本の価値も高い。

「昆虫採集が禁止になる離島はどんどん増えていて、口永良部島もいずれそうなるのだろうと思っています。島に入れないのなら、この夏は採集に行けないし、これを機会に採集禁止になってしまうかもしれない」(同マニア)。マニアが乱獲することで採集禁止になることが多い。地元の村や町の条例で決められる。

 口永良部島は全域が屋久島国立公園の中に入っている。新岳周辺の特別保護地区での採集は禁止であり、そもそもこれまでも乱獲のようなクワガタ採集は歓迎されていない。マニアには残念だが、クワガタ採集のために島に行くのは困難になるだろう。