1年間で10万人超増加 中国「エイズ蔓延」の仰天背景

2015年06月21日 10時00分

 中国でエイズが深刻化している。昨年の世界エイズデーで、世界保健機関(WHO)から「男性同性愛者間のHIV感染が多発している」と名指しされた中国。国家衛生計画生育委員会によると、HIV感染者とエイズ患者の数は昨年1年間で10万4000人増加。性行為によるHIV感染者の約75%が同性愛者で、特に15~19歳の男性が最も多いとしている。原因として、中国が抱える特殊事情があるとの指摘がなされる。

 中国では15年前まで、同性愛は国が定める「精神疾病」とされていた。一説には、中国の同性愛者は現在、7000万人ともいわれており、北京や上海にはゲイバーも少なくない。

 中国事情に詳しいフリーライターの奥窪優木氏が話す。

「一人っ子政策と男児偏重のなか、産み分けによって中国の人口の男女比は男に偏っていて、極度の男余り社会になっている。さらに希少な若い女性たちは、ひと握りの金持ち男性による寡占状態にあり、性欲旺盛な若い男性が異性のセックスパートナーを見つけるのは至難の業。そんな中『背に腹は代えられない』とばかりに、男同士の性交渉に及ぶ若者が少なくない。ゲイよりも実際はバイが多い印象です」

 国家統計局が発表したデータによると、2014年末時点の中国本土の人口は男性7億79万人、女性6億6703万人。男女比にすると約105対100である。一方、世界の人口の男女比は約102対100程度であり、中国の“男余り”が浮き彫りとなった。1979年に始まった一人っ子政策世代の人口に限れば、男女比はさらに偏っているとみられる。

 一方、中国のポータルサイト「捜狐」に掲載された記事は、男性の「女性化」について別の要因を示している。

「中国では、未就学の女児の胸が膨らんだり初潮がきたりする性早熟症が問題となっている。これは養殖魚やブロイラーに成長促進剤として投与され、食品に残留した女性ホルモンの影響と考えられているが、男児がこうした食品を取り続けた場合、心身が女性化するといわれる」

 国家衛生計画生育委員会の関係者はエイズについて「10代の男子が興味本位に男性同士で性交渉を行って感染するケースが多い。全体の感染者では、大都市圏、高学歴の男性が多い」と話している。

 中国人ジャーナリストによると「中国では、一族の子孫を残すことが重要視され、男性が同性愛者であっても女性と結婚するケースが多い。このためエイズ感染者の成人男性のうち8割が既婚者で、その妻が夫婦間の性行為によって感染したというデータもあります」という。

 中国のHIV蔓延の背景にはさまざまな要因がありそうだ。