ペヤング販売再開も意外に売れず ファンはあの商品待ち

2015年06月10日 18時00分

 昨年、麺の中にゴキブリが混入しているのが発覚し、製造を中止していた即席麺「ペヤング ソースやきそば」(群馬県・まるか食品)が8日、半年ぶりに関東7都県で販売再開された。


 ネットやワイドショーでは「ペヤングファン待望の復活!」などとあおり立てたが、この日の夕方、都内のスーパーやコンビニは、どこもペヤング山積みで、とても“飛ぶように売れている”とは言いがたい。半年の間にペヤングファンの心は離れてしまったのか。


 東京・中野区のスーパー店員は「発売中止になった時は買い占めが起きたほどでしたが、今日はまだ5個も売れていないんじゃないか。これだけ話題になっている割にはほかのメーカーの商品と(売り上げは)変わりません」と語る。


 新宿区のコンビニでもカップ麺の陳列棚の最上段に堂々、ペヤングコーナーが特設されていた。ほかの商品が各3~4個陳列されている中、ペヤングだけで20個以上並ぶ。店員は「思ったより売れていませんよ。コンビニは先行販売とかよくやるんですが、ペヤングに関してはメーカーから『一斉発売なので発売日厳守で』と言われていた。でも土日から販売した店もあったみたいですね」と恨み節だ。


“ペヤンガー”と呼ばれるファンにとっては待ちに待った再販日であるはずが、どの店も期待したほどには売れていない事実が判明。もしや半年のうちに別メーカーの商品に心変わりしてしまったのだろうか。


 ペヤングファンを自任する男性(40代)は「シンプルなソース味で飽きがこないし、昔から変わらない味というのも安心感がある。ただ牛丼と同じで『松屋』が好きでも、目の前に『吉野家』があれば入る。ペヤングがない半年間は、他社のカップやきそばをおいしく食べていた」と“浮気”を告白。


 また「もちろん半年ぶりで懐かしいが、ペヤングを常食している30~40代の男性には普通サイズでは1食分にならない。2倍サイズの超大盛が発売されてからが、ペヤングの快進撃じゃないですか」(同)とも。


 秋口には別商品も販売再開されるが、当面は普通サイズのみ。もとの勢いを取り戻すのはラインアップが充実してからということか。